Azure

de:code 2016に参加した!

はじめに

くどうです。

de:code2016に参加してきました!
3回目の参加になります。つまり最初から参加しているくどうですがここまで大きなイベントになるとは、、、

de:codeとは

de:codeとは以下コピペ
https://www.microsoft.com/ja-jp/events/decode/2016/

de:code 2016 は、マイクロソフト テクノロジの方向性と最新情報はもとより、「クラウド」 「モバイル」を最大限に活かせるテクノロジをすべての IT エンジニアの皆様にご紹介する 2 日間のイベントです。3 月 30 日から 4 月 1 日の 3 日間、米国サンフランシスコで開催された Build 2016 の情報をはじめ、インフラ系/運用管理系を得意とするエンジニアの皆様にも役立つ情報をお届けします。クラウドとモバイルを活用することで広がるビジネスの可能性をお届けするキーノート、実践的なノウハウを盛り込んだブレイクアウト セッション、また、海外からのゲスト スピーカーやオープンソースのキー インフルエンサーを多数お迎えし、グローバル水準の最新情報をご提供します。他にも、マイクロソフトやパートナー企業の展示、パーティーなどのさまざまなプログラムを通じて、ビジネス ネットワーキングの場としてもご活用いただけます。

というように、今回はオープンソースがらみの人たちの参加が多かった気がします。。

キーノート

生サティア・ナデラでした!
初めて見ました。ちょっと興奮してましたw
DSC02059
トヨタのコネクテッドカーの話もしていました。
DSC02067

キーノートはビジネスのお話が多かったです。

コスプレ担当の井上さん
DSC02072

各セッション

今回は、OSS系のセッションに参加していました。
むしろ、Server系などのセッションには参加していませんでした。

まとめ

OSSのセッションが増えた!これはうれしいことです。ちょっと未来を感じます。
ただ、会場がごった返していたのが残念でした。

関連記事

  1. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。

    はじめにくどうです管理運用面倒ですね・・・そこで、楽に…

  2. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  3. AWS

    動画でCloudを学べるCloud Academyとは?

    はじめにくどうです皆さんはCloud、例えばAzureやA…

  4. Azure

    Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも使えます。

    Azure PortalでCloud Shellが登場し、ブラウザのみ…

  5. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。

    はじめにくどうです。ちょっと、Azureで仮想マシンのDi…

  6. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベース移行を行ってみる…

    はじめにくどうです。今回のお題はデータベース移行についてです。 …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Azure

    Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azur…
  2. AWS

    動画でCloudを学べるCloud Academyとは?
  3. 日記

    Surface Pro 3が家で眠っているのでBRYDGE 12.3を注文した。…
  4. Azure

    specializedイメージをもとに仮想マシンを立ち上げるのに便利なテンプレー…
  5. Linux

    Cactiでグラフに日本語が表示されないときの対処方法
PAGE TOP