AWS

mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。

mackerelなるサービスがリリースされたので試してみました。
クラウドのリソースを監視するシステムです。

今回は、AWSのAmazonAMI EC2インスタンスを立ち上げて検証してみます。
登録してみましょう。メールアドレスを入力してさくっと登録。

では監視対象にAgentを設定していきます。
yumだとすごく簡単にインストールできます。

インストールが終わったら、設定ファイルを編集します。
この辺のスクリプトは自動生成してくれます。

以上で下記にapikeyが設定されます。apikeyについてはそれぞれ違うので確認します。

でもって、agentを起動します。

以上でEC2インスタンスの設定は完了です。
早いですね。

Dashboardを確認するとすでに追加されています。

最初に監視するためのサービスを作成します。
左メニューからServicesを開き、サービスの追加をクリックします。

適当な名前を付け作成ます。
次に、作成すたサービスを開いていき、ロールを追加します。

次に、作成したロールをホストに割り付けます。

するとこんな感じに取れます。

管理もできるのでやってみましょう。
左メニューのMonitorsを開き監視ルールを追加します。

とおもったら追加できなかった。なんでだ?
まぁ設定簡単です。
AWSだとauto scaleのUserdataに登録すると、自動登録できるんでないだろうか。

でわでわ

関連記事

  1. Azure

    AKS ( Kubernetes ) のPod からログをFilebeat を使って収集してelas…

    はじめにくどうです。先日、fluentd によるKuber…

  2. Azure

    System Center Management Pack for Microsoft Azure …

    はじめにくどうです最新SCOMと戯れることが多くなったので…

  3. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  4. AWS

    AWSのx86_64とarmのベンチマーク

    UnixBenchをとってみたt2.small …

  5. Azure

    リソースのLockは大事です。ポータルからも設定できます。

    はじめにくどうです。以前、リソースのロックの話を書きました…

  1. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる
  2. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  3. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。
  4. Azure

    ルートテーブルもPowerShellではなくポータルで設定できます。
  5. Windows

    Windows Server 2012のパスワードを初期化しよう。
PAGE TOP