Azure

Azure Storage にTime Machine でバックアップをする方法

Macbook 買ったのでバックアップしましょう。
と、いうことでAzure Storageにバックアップします。
MacbookなのでTime Machineでバックアップします。

元ネタはここです。

最初にストレージアカウントを適当に作成(図ではv1)

次にファイル共有を作成するため移動

ファイル共有を作成します。

共有名も任意で作成します。

作成した共有のプロパティを確認します。そしてURLをメモします。

Macbookの画面でFinder→Go→Connect to Server を開きます。

メモしたURLは「https」ですが「smb」に変更し入力します。

接続されるのを待ちます。

接続確認画面がでるためConnectをクリック。

ネーム、パスワード入力画面が出ます。

ネーム、パスワードをAzureのポータル、アクセスキーを確認します。

ネームはストレージアカウント名、パスワードにはKeyを入力します。
Remember~ をチェックします。

接続できたらターミナルで /Volumes を確認します。
共有名で接続されていることを確認できます(下ではbackup)。

次に、Time Machine用のディスク(HFS+J)を作成します。
下記ではネットワーク経由で1TBのディスクを作成されるため少々時間かかります。

ポータルからも作成されていることを確認できます。

作成したディスクをマウントします。

Time Machineで利用できるように設定します。
管理者権限で実行します。

Tiem Machineを起動します。

すでにAzureTimeCapsuleがマウントされていることが確認できます。

出ない場合はSelect Diskで選択します。

Back Up Nowで即時バックアップします。

バックアップが開始されたことを確認できます。

バックアップには結構な時間がかかると思います。
以上で完了です。

基本的に、MacbookとSMBなどで接続できるサービスなら他社サービスでも出来ます。
ちなみにカリキュレーターで計算してみると1TBでの価格は7000円弱です・・・ 🙂

関連記事

  1. Azure

    Azure RemoteAppを使ってみる。Officeが使えますよ!

    はじめにくどうです。事務所はちょっと寒いです。RemoteAppの…

  2. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意…

    はじめにくどうです。DSaaSをProxyを使用する場合の…

  3. Azure

    ルートテーブルもPowerShellではなくポータルで設定できます。

    はじめにくどうです。本日2本目です。以前はルートテーブ…

  4. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる

    はじめにくどうですお気軽にSlackで死活監視。疎通確認が行え…

  5. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。

    はじめにくどうですオンプレを扱っていた時に慣れ浸しんだ、F…

  1. Azure

    同サブスクリプションでVNET間接続を行う。ポータルでも設定できます。
  2. AWS

    AWS SSOを削除したらDirectory Serviceでディレクトリを削除…
  3. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編
  4. AWS

    homebrew でクラウド各社のcliをインストールする方法
  5. 未分類

    ちょいデキ! 青野慶久
PAGE TOP