AlibabaCloud

Alibaba IoT Platformを日本リージョンで使ってみる。

はじめに

今回はIot Platformが動かしてみたいと思います。
チュートリアル通りにやると思ったんですが日本語ドキュメントがまだ更新されておらずハマりポイントが多いため、中国語(本家)のドキュメントを参考にしましょう。
Alibaba Cloudは進化が激しいようなので日本語ドキュメントより中国語(本家)を参考にする方が確実だと思います。
Internationalも更新は間に合ってないように見受けられます。

クイックスタートを参考に進めていきます。
https://help.aliyun.com/document_detail/73705.html

今回はサンプルを使って進めていきます。サンプルではライトのスイッチです。
下記を行いIot Platformへ接続できるかを確認したいと思います。
・プロダクトの作成
・デバイスの登録

プロダクトの作成

IoT Platformの画面を開きます。

プロダクトの作成を押下しPro Editionを選択します。

ここではプロダクト名だけ決めてほかはそのままです。

リストに表示されますがデバイス数が0です。

表示を開き、機能の定義を行います。

最初にプロパティを作成します。
それぞれ入力します。
0でスイッチON、1でスイッチOFFです。

同様にサービスを作成します。
それぞれ入力します。

入力パラメーター(透明度)

出力パラメーター(コントラスト比)

同様にイベントを登録します。
Errorイベントです。

それぞれのエラーコードを登録します。

これでIot Platform側の設定は完了です。
次にデバイス登録してみます。

デバイスの登録

デバイスの登録といってもサンプルを利用しサーバーの上から接続します。

最初にデバイスの追加を行います。

プロダクトを選択します。
DeviceNameは空です。

接続に必要な証明書の情報が発行されます。
コピーしておきます。

今回はECSを利用しています。
また今回はC言語SDKを使用します。SDKは64bit Ubuntu16.04を推奨しています。

コンパイルが必要なのでmake等いれます。

次にサンプル https://github.com/aliyun/iotkit-embedded/archive/v2.3.0.zip をダウンロードします。

unzipで解凍します。ただしunzipはインストールが必要です。

サンプルの中にあるPRODUCT_KEY 、DEVICE_NAME 、DEVICE_SECRETを先ほどコピーしたキーに書き換えます。
PRODUCT_SECRETは無視してください。

ここから重要です。
今回は日本のRegionに作成しています。
その為、IoT Platformのエンドポイントがサンプルと異なり変更が必要となります。

変更前

変更後

たぶん日本以外もここら辺に定義されています。それぞれのリージョンで変更してください。
src/sdk-impl/sdk-impl_internal.h

ではコンパイルします。

実行してみます。
./output/release/bin/linkkit-example-solo

実行するとCloud Connectedとでて接続できたことが分かります。

オンラインになっていることを確認できます。

IoT Platform側にプッシュされていることも確認できます。

今回は接続まで確認できました。
案外、すんなりと利用できました。
Raspberry Piなんかにも簡単に実装できそうですね。

関連記事

  1. AlibabaCloud

    Alibaba Cloud という謎なクラウドサービス。

    はじめにくどうです。Alibaba Cloudを最近耳…

  2. AlibabaCloud

    Virtual KubeletでAlibaba Cloud ECIを操作する。

    はじめにAlibaba Cloud ECI をMS謹製のVirtu…

  3. AlibabaCloud

    Alibaba CloudでF-Secure protection service for busi…

    はじめに今回はAliEaters#9で飲み物スポンサーを買って出て…

  4. AlibabaCloud

    ActionTrail をLog Serviceで可視化する。

    まずActionTrail を利用するためには有効化の作業が必要です。…

  5. AlibabaCloud

    Azure、AWS、GCP、Alibaba CloudのCPU脆弱性対応のまとめ

    くどうですCPUの脆弱性が公開されて各クラウドベンダーが対応し…

  6. AlibabaCloud

    Alibaba Cloud Elastic Compute Service (ECS) はどこのリー…

    くどうです。ECSの価格調査です。ここで取りあげているのは日本…

  1. Linux

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストール時の解像…
  2. Windows

    WindowsでPowershellだけでSyslogを受信してみる。
  3. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。
  4. 未分類

    オタリーマンを買ってしまった。
  5. 未分類

    ウェブ人間論 梅田望夫、平野啓一郎
PAGE TOP