Azure

Azure Static Web Appsでカスタム エラーページを設定する

はじめに

Azure Static Web Appsでは簡単にエラーページをカスタマイズすることが可能です。

試してみたいと思います。

カスタマイズには設定ファイルを設置することで対応できます。

Azure Static Web Apps を構成する | Microsoft Learn
Azure Static Web Apps を構成する | Microsoft Learn

ルートの構成、セキュリティ規則の適用、および Azure Static Web Apps のグローバル設定について学習します。

docs.microsoft.com

設定ファイルの設置

設定ファイルは下記に設置します。

staticwebapp.config.json

エラーページ(custom-404.html)は事前に作成し設置しておきます。

{
  "responseOverrides": {
    "404": {
      "rewrite": "/custom-404.html"
    }
  }
}

設置後に確認してみます。

まとめ

エラーページの設置は簡単に行えます。404だけでなく好みのエラーページを設置してみてください。

-Azure
-