開発

Azure Automation Visual Studio Code 拡張機能

はじめに

VSCodeでAzure Automation を扱える拡張機能がでました。プレビューです。

Public Preview: Azure Automation Visual Studio Code Extension  | Azure updates | Microsoft Azure
Public Preview: Azure Automation Visual Studio Code Extension | Azure updates | Microsoft Azure

Use the Azure Automation extension to perform local authoring and management of automation runbooks ...

azure.microsoft.com

Azure Automation Extension を使用して、Runbook をすばやく作成および管理できるようになりました。Runbook の編集、ジョブのトリガー、最近のジョブの追跡、スケジュールまたは Webhook のリンク、アセット管理、ローカル デバッグなど、すべての Runbook の作成および管理操作が拡張機能でサポートされているため、提供される IDE のようなインターフェイスで簡単に作業できます。 VSコードによる。

導入要件

導入に際して以下の要件をみたす必要があります。

  • Azure Tools 拡張機能がインストールされサインインされている

拡張機能の導入

拡張機能をインストールします。

最初にベースパスを設定します。

コマンドパレットから Change Directory を設定します。

今回はわかりやすいように指定します。

C:\Users\kudo\Documents\automations

指定しない場合はUserのフォルダに設定されます。

Runbookの作成

どうやらAutomation は事前に作成が必要なようです。VSCode上から作成は行えませんでした。

操作はAzureを開くとAutomation は上部に表示されます。

試しのRunbookを開いてみましょう。

チュートリアルがあります。これを開くと上部で指定したローカルのフォルダにRunbookが作成され保存されます。

あとは実行してあげるだけです。Start Automation Job で実行します。

実行結果も表示されます。

まとめ

VSCodeでAutomation のRunbookを作成や公開、実行が行えるようになりました。

これによりコード管理も楽になると思います。

-開発
-,