仮想化技術ってつかえるの?

一台のサーバに複数のOSをいれちゃって物理リソースを共有しちゃう技術ですが、
最近は、あまりおおきな話をきかなくなりました。

情報に疎いだけかもしれませんがw

しかし、これからは1Uサーバからブレードサーバへ更改することが増えてくると思います。
その中では意外と有効な技術であるかもしれません。

実際にサーバ構築などを行い、運用・管理していく上では非常便利な技術だと考えます。(ナニガ?
なぜなら一台のマシン内に、複数のマシンが存在するわけですから管理が楽なことこの上ないと思います。

仮想化技術にも大きく分けて2つの種類が存在します。
■ハイパーバイザ型
■ホストOS型

後者は文字通り「ホストOS」、つまりWindows、Linux、UNIXなどのOS上にバーチャルなサーバを作り上げる技術です。
ハードウェアには大きく制限がありませんが「ホストOS」上で動く分、物理的なリソースがホストOSの状況に依存する点で問題がでるかも。

 ホストOS型

このへん、各ベンダーさんからいろいろ出ています。

Xenは、ちょっと特殊です。
ホストOS(Xenの場合はLinuxが一般的です)とゲストOSが同列です。
Xen3.0ではIntelからIntel Virtualization Technology (VT) や、AMDからAMD Virtualization (AMD-V)というCPUに実装される仮想化技術にも対応したようです。

 Xenの仮想モニタ方式

 

ホストOSに関しては、すべてタダです。サーバで仮想化=タダみたいな感じですかね。
お客さんに提案するときは、「タダ=なにが起きても保障はしないよ」といっとかなきゃいけませんね(w

次にハイパーバイザ型ですが、一般的な商品名ではVMWare ESX Serverがあります。

ハイパーバイザ型はOSが直接ハードウェアとやり取りします。
そのため、オーバーヘッダの部分が少なくすみます。
ただし動作するハードウェアが決まってくるため、導入コストが割高になるかもしれません。

ハイパーバイザ型

そのほかにも、いろいろ企業さんからソリューションとして提供しているようです。

さて、次回はVMWare Servr のレポートをしようと思います。