未分類

TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法

注意!!下記の作業を行ってデータ吹っ飛んでも責任はもてないよ。そこんとこよろしく。
TeraStation本体が壊れたときどうするか・・・・そう、バックアップから復元をってことになるはずです。
FATであれば問題なく、Windowsから見ることができます。
厄介なのが専用フォーマット(XFS)のときです。

XFSならLinux端末から、読み込めるだろと考えてましたが・・・・
マウント出来ないです(((( ;゚д゚)))アワワワワ

XFSはアーキテクチャの違うものでは互換性がないらしい
当然、TeraStationとPCではアーキテクチャが違うのでこれにあたる

xfs_repairを実行すると問題なくマウントできるようになります
xfs_repair -L /dev/sda1 ←自分の環境に合わせてください

ただ、xfs_repairは実装メモリが多く載っているものの方が良いかもしれません

SystemRescueCd-x86-0.4.1
ノートPC メモリ128MB
の環境では途中でフリーズ
ただswaponしてあげる上手くいくかも(試してません)

途中でフリーズしたもののマウントできるようになりました
なんか気持ち悪いですが・・・(;´Д`)
mount -t xfs /dev/sda1 /mnt/export
これでsambaで共有できる環境を作るとWindowsからもみれます
SystemRescueCdのsambaでは問題が発生します
文字化けが発生します
sambaの設定を色々変えましたが無理でした
sambaが悪いのかSystemRescueCdが悪いのか不明です

そこで、knoppixを用意します
手元にあったがknoppix3.2でした
バージョン古いせいかsambaも2.2です
デフォルトでは文字化けてしまいます
windowsでExt2IFSとか使ってマウントしたらどうなるかは不明です

smb.confの変更を行います
vi /etc/samba/smb.conf[global]
security = share
client code page = 932
coding system = UTF-8
[hdd]
path = /mnt/export
browseable = yes
public = yes
writable = yes
設定変更後
/etc/init.d/samba start
これで問題なくwindowsマシンと共有できるはずです(TдT)
ただ、これでも一部文字化けしてしまいます
ちなみにTeraStation本体からの復元できるかは不明です
正直全部復元したいよね・・・メーカ出したら全て消えてくると思います

Related post

  1. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク

    RHEL5がまだリリースされそうに無いため気晴らしにベンチマーク を採…

  2. 未分類

    sambaとActive Directory間のアクセス権

    サンバは踊れませんがsambaを使ったファイルサーバの構築を行います。…

  3. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストしてみました

    前回に引き続き、P2Vのベンチマークです。前回記事:P2Vした仮想マ…

  4. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 ってどうよ…

    LonghornのBeta3が一般公開されました早速レポートしてみた…

  5. 未分類

    テーマを変更

    Atahualpaってのに変更してみた。すげーや、いろいろカスタマイ…

  6. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(4)

    ■VMAdditionsForLinuxについてアドオンできるrpm…

  1. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか
  2. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法
  3. Azure

    Windows Server で Windows コンテナが動くんです!ちょっと…
  4. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  5. Azure

    AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。Docker編
PAGE TOP