Linux

超メモ:Zabbixの外部チェックでrubyスクリプトを動かす時のポイント

くどうです

rubyをrbenvでインストールした場合、アクセス権の問題で動かないことがあります。
ふつう動きませんw

ではどうするか。

事前に/root/.rbenv/shims/rubyを/usr/bin/rubyにシンボリックリンクを張ります。

1、rootでrubyスクリプトを呼び出す。bashスクリプトを書きます。

以下を/usr/lib/zabbix/externalscripts にazure として保存します。

2、アクセス権を変更します。

3、sudo設定の変更します。

以下を追記

ZabbixはユーザZabbixで動作します。そこでsudoによりroot権限で動作させます。

これで、Zabbixにazureアイテムとして登録します。

以上です。

Related post

  1. AWS

    CloudMonixをちょっとだけ試してみた。

    はじめにくどうです管理運用面倒ですね・・・そこで、楽に…

  2. Azure

    Azure Application Gateway 上でLet’s Encryptの証明書ファイルを…

    はじめにくどうです。証明書の更新は簡単です。ついでにLet…

  3. Linux

    超メモ:一発rubyインストールなスクリプト

    一発rubyインストールなスクリプトメモ的にCentos6.6に…

  4. Azure

    Azure Load Balancerと Azure Application Gateway のアク…

    はじめにくどうです。Azureにはアクセスを負荷分散す…

  5. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

    はじめにくどうです。例えば、Azureで仮想マシンを使って…

  6. AWS

    ひとつのEBSを分割してみますよ

    はじめにくどうです。今回は、EBSのパーティション小手先技です。…

  1. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレー…
  2. Azure

    de:code 2016に参加した!
  3. Azure

    Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも…
  4. 未分類

    P2Vした仮想マシンをHyper-v上でベンチマークテストしてみました
  5. 未分類

    テーマを変更
PAGE TOP