Azure

specializedイメージをもとに仮想マシンを立ち上げるのに便利なテンプレート。

はじめに

くどうです。

便利なテンプレートの紹介です。
ARMではテンプレートを利用することで簡単にリソースを設定することが可能です。
AWSでいうところCloudFormationです。

今回、紹介するテンプレートは、specializedイメージから仮想マシンを立ち上げるテンプレートです。
specializedイメージとはSysprepやWaagentで一般化を行わなかったイメージになります。

テンプレート

前回の投稿でStorage(ASM)からStorage(ARM)へコピーしADを立ち上げることを書きました。

Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。

コピーしたイメージ(VHD)から仮想マシンを立ち上げる方法として2つが利用可能です。

既存の仮想ネットワークを使用し、specialized イメージから仮想マシンを作成する
Create a specialized virtual machine in an existing virtual network
https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/201-specialized-vm-in-existing-vnet

入力項目
vmt01

specialized イメージから仮想マシンを作成する
Create a VM from a specialized VHD disk
https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/201-vm-from-specialized-vhd

入力項目
vmt02

2つの違いは、仮想ネットワークを新規に作成するか、既存のものを利用するかの違いです。

とくにWindowsのサーバーの役割ではSysprepに対応していない機能が多くあります。そんな場合はSyspreせず上記のテンプレートを利用しましょう。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh824835.aspx

まとめ

なにかと本テンプレートを利用します。覚えておくとよいと思います。
PowershellやCLIで直接立ち上げるのもありだと思いますが・・・

ではでは

Related post

  1. Azure

    Channel9で公開されてた。第1回 Tokyo Jazug Night!

    Tokyo Jazug Nightくどうです。第1回 …

  2. Azure

    同サブスクリプションでVNET間接続を行う。ポータルでも設定できます。

    はじめにくどうです。VNET間接続、ポータルでもちゃんと設…

  3. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

    はじめにくどうです。例えば、Azureで仮想マシンを使って…

  4. Azure

    Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも使えます。

    Azure PortalでCloud Shellが登場し、ブラウザのみ…

  5. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    Azure Application Gateway で Let’s Encryp…
  2. Azure

    Azure Application Gateway 上でLet’s Encryp…
  3. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法
  4. AWS

    パソコン同士をVPNで接続する方法(お気に入りツールの紹介)
  5. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定
PAGE TOP