未分類

drbdの起動方法

サーバを再起動した場合、secondary/secondaryで起動されるため片方をPrimaryへ変更する必要がある。
変更するコマンド

# drbdadm primary r0
or
# drbdsetup /dev/drbd0 primary

コマンドの違いは分りませんがこれでPrimaryへ変更できるのでおk
起動時にPrimaryへ変更したい場合は、どっかに仕込む必要がある

片方だけ立ち上げた場合

# /etc/init.d/drbd start
Starting DRBD resources: [ d(r0) s(r0) n(r0) ].
……….
***************************************************************
DRBD’s startup script waits for the peer node(s) to appear.
– In case this node was already a degraded cluster before the
reboot the timeout is 0 seconds. [degr-wfc-timeout]
– If the peer was available before the reboot the timeout will
expire after 0 seconds. [wfc-timeout]
(These values are for resource ‘r0’; 0 sec -> wait forever)
To abort waiting enter ‘yes’ [ 22]: To abort waiting enter ‘yes’ [ — ]:

待機画面へ移ります。
ここで、もう片方でサービスを起動すると待機画面は消えます
また、yesを打ってabortすると、片割れでもサービスが立ち上がります。
その場合

m:res cs st ds p mounted fstype
0:r0 WFConnection Secondary/Unknown UpToDate/DUnknown C

WFConnection (待機状態)になっていますがPrimaryへ変更することで/dev/drbd0をmountすることができるようになります

Related post

  1. 未分類

    drbdのインストール

    LOCALインフラ部の勉強会で聞いたり、SoftwareDesign6…

  2. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる)

    SystemRescueCDはCDではなくUSBに入れることができます…

  3. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(1)

    4月ぐらいからVirtual Server 2005 R2が無償ダウン…

  4. 未分類

    sambaとActive Directory間のアクセス権

    サンバは踊れませんがsambaを使ったファイルサーバの構築を行います。…

  5. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク  RHEL5もベンチしてみる

    前回の続きです。 リリース版をダウンロードしてベンチマークをとりました…

  6. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(2) マネージャ編

    ■はじめにエンタープライズを前提としたOSSの運用管理ソフトです。…

  1. Azure

    de:code 2016に参加した!
  2. 未分類

    National Information Security Center
  3. 未分類

    iGoogleだーーー!
  4. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  5. Linux

    WindowsでSLを走らせる。その他も。
PAGE TOP