Azure

Azure Monitor とBacklogを連携してアラートを課題登録する。

はじめに

Backlogでアラートを管理している場合に有効な方法です。
BacklogとAzure Monitorを連携する方法はメールです。

1、Backlogのインテグレーション設定
2、Azure Monitorでアラートを設定
3、負荷をかけてアラートを発生させて確認

今回は、CPU使用率80%より大きい場合にアラートが上がるように設定します。
その為、VMは事前に立ち上げています。

Backlogのインテグレーション設定

最初にBacklogのインテグレーション設定を行います。

プロジェクト→プロジェクト設定→インテグレーション→メールによる課題登録 [設定]をクリックします。

[課題登録用メールアドレスの追加] をクリックします。
メールアドレスは自動発行されます。

自動発行された、メールアドレスはコピーしておきます。
設定名 は適当に設定します。
課題の登録者 も適当に選択します。

以上でBacklog側の設定は完了です。

Azure Monitorでアラートを設定

リソースグループを開き、警告を開きます。
[新しいアラートルール] をクリックします。

アラートの設定では、リソース、条件、アクショングループを登録します。

最初に、リソースを登録します。
今回はVMを対象にしたアラートのため、リソースでVirtual Machinesを選択します。
今回対象としているVMを選択します。

次に条件を設定します。Azure Monitorは無料ではないことにも注意が必要です。
今回はCPU使用率を選択します。

CPU使用率の閾値、評価基準を設定します。

次にアクショングループを設定します。
初回はアクショングループが存在しないため新規作成します。
必須入力項目を入力します。
アクションタイプで 電子メール/SMS/プッシュ/音声 を選択します。
ここで、Backlogのインテグレーション設定で表示されたメールアドレスを入力します。

アラートルール名と説明を入力してルール作成完了です。

ルール管理を開くと作成してルールが登録されていることが確認できます。

アクショングループが登録されるとBacklogに確認の課題が登録されます。
必要なので削除しましょう。

以上でAzure Monitorのアラート設定は完了です。

負荷をかけ課題が登録されるか確認

VMに負荷をかけ、課題が登録されるか確認します。
今回はstressコマンドで負荷をかけています。

10分ほど負荷をかけると以下のような課題が自動登録されます。

Azure 側でもアラートが発生したことを確認できます。

以上で確認まで完了です。

まとめ

Backlogとの連携を取り上げました非常に簡単に連携ができます。
CPUだけではなく、Azure Monitorで拾えるメトリクスならなんでもできます。
Azure Monitorはメールでの連携に加えWebhookでの連携も可能なため
他のサービスとの連携も簡単に行えると思います。

Related post

  1. Azure

    Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。

    はじめにくどうです。何かと仮想マシンでActive Dir…

  2. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレーションを利用しSen…

    はじめにくどうです。今回取り上げるのは、Azure Fun…

  3. Azure

    クラウド間のファイル共有はSMBで暗号化しよう。

    はじめにくどうです。最近は、クラウド間でファイル共有を行う…

  4. Azure

    WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!

    はじめにくどうです。前回のコンテナの基本的な扱いの続きです。今回は…

  5. Azure

    Application Gateway web application firewall が公開され…

    はじめにくどうです。Igniteが盛り上がってますねh…

  6. Azure

    Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。

    はじめにくどうです。RemoteAppでもローカル(クライアント)…

  1. Azure

    Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも…
  2. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(1)
  3. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。
  4. Azure

    Azureで旧インスタンスサイズを利用したい場合
  5. Azure

    Office365のポータルから購入できるライセンスはいっぱいあります。
PAGE TOP