Azure

Azure Blob Storage にSFTPで接続してWindowsでマウントする。

はじめに

Azure Blob Storage にSFTPで接続することができます。また、SFTPを利用することで階層型名前空間で管理することになります。つまり、ディレクトリで管理していくことになります。

そこで、SFTPでWindowsにマウントして利用してみたいと思います。マウントするツールはRaiDriveを利用しています。

SFTPの詳しい利用方法は下記を参考にしてください。

Azure Blob Storage の SFTP のサポート | Microsoft Learn
Azure Blob Storage の SFTP のサポート | Microsoft Learn

BLOB ストレージでは、SSH ファイル転送プロトコル (SFTP) がサポートされるようになりました。

learn.microsoft.com

BlobでSFTPの設定

Blobを作成するときに階層型名前空間を有効にし、SFTPを有効にします。

次にユーザーを作成します。RaiDriveはSSHキーを使った接続がうまくいきませんでした。ほかのマウントツールがあったら教えてください。

ユーザーのコンテナーを指定します。アクセス権も付与します。

SSHパスワードが表示されます。一度だけ表示されるのでメモしておきます。

以上でAzrueの設定は完了です。

RaiDriveの設定

下記からダウンロードしてインストールします。

RaiDrive
RaiDrive

RaiDrive mounts cloud storage and standard protocol to drives in the Windows File Explorer. It helps ...

www.raidrive.com

インストール後にマウントドライブを追加します。

ストレージでNASからSFTPを選択します。

アドレスにSFTPのURLを入力します。接続文字列から確認します。

アカウントはユーザー名を入力します。stg03274.<CONTAINER_NAME>.user1のようにアカウント.コンテナー.ユーザーになっています。パスワードはメモしたものを入力します。

マウントできることを確認します。ファイルをコピーなどしてみます。

コンテナーに格納されていることも確認できます。

以上で設定は完了です。

まとめ

Azure filesでも良いと思いますがBlobの方が価格が安いですね。また、SFTP自体はSSHを利用した共通のプロトコルなのでアプリケーション開発などにおいても楽に連携が行えます。メリットは多くあると思いました。

 

-Azure
-