未分類

P2Vした仮想マシンをHyper-v上でベンチマークテストしてみました

巷では、Hyper-v 2.0のベンチマークはいっぱい出てまいますが、システム移行した場合、
つまりP2Vを行った場合のベンチマークが少ないので、テストしてみました。

テストの方法は
既存のシステム、IIS Webサーバーを
System Center Virtual Machine Manager 2008 R2
でP2Vした。
P2VしたVHD形式は可変としました。

これをベンチマーク対象としました。

ベンチマークソフトは総合評価のために
-CrystalMark 2004R3
ディスク評価のために
-CrystalDiskMark30B2

hiyohiyo Crystal Dew World [http://crystalmark.info/]

最初に各スペックを紹介します。

P2V元のスペック

——————————————————————————
System Information
——————————————————————————
OS : Windows Server 2008 Web Server Edition Service Pack 1 [6.0 Build 6001]
Display Mode : 1280 x 1024 16bit
Memory : 1022 MB
DirectX : 10.0
——————————————————————————
CPU
——————————————————————————
CPU Name : Intel Pentium DC (Conroe-1M)
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Pentium(R) Dual CPU E2160 @ 1.80GHz
Platform : LGA775
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 2
Family : 6
Model : F
Stepping : D
Feature : MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 XD Intel 64

Current Original
Clock : 1795.51 MHz 1800.00 MHz
System Clock : 199.50 MHz 200.00 MHz
System Bus : 798.01 MHz 800.00 MHz
Multiplier : 9.00 9.00
Data Rate : QDR
Over Clock : -0.25 %

L1 I-Cache : 32 KB
L1 D-Cache : 32 KB
L2 Cache : 1024 KB [Full:1795.51 MHz]
——————————————————————————

P2Vした物理マシンのスペック

——————————————————————————
System Information
——————————————————————————
OS : Windows NT6.1 Enterprise Edition (Full installation) [6.1 Build 7600]
Display Mode : 1280 x 1024 32bit
Memory : 3584 MB
DirectX : 10.0
——————————————————————————
CPU
——————————————————————————
CPU Name : Intel Pentium D (Presler)
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Pentium(R) D CPU 3.00GHz
Platform : LGA775
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 2
Hyper-Threading : 1
Family : F
FamilyEx : 00
Model : 6
Stepping : 2
APIC : 00
Feature : MMX SSE SSE2 SSE3 XD Intel 64

Current Original
Clock : 3010.75 MHz 3000.00 MHz
System Clock : 200.72 MHz 200.00 MHz
System Bus : 802.87 MHz 800.00 MHz
Multiplier : 15.00 15.00
Data Rate : QDR
Over Clock : 0.36 %

L1 T-Cache : 12 KuOps
L1 D-Cache : 16 KB
L2 Cache : 2048 KB [Full:3010.75 MHz]
——————————————————————————

P2Vした仮想マシン

——————————————————————————
System Information
——————————————————————————
OS : Windows Server 2008 Web Server Edition Service Pack 1 [6.0 Build 6001]
Display Mode : 1280 x 1024 16bit
Memory : 1023 MB
DirectX : 10.0
——————————————————————————
CPU
——————————————————————————
CPU Name : Intel Pentium D (Presler)
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Pentium(R) D CPU 3.00GHz
Platform : LGA775
CPU Type : Original OEM processor
Number(Logical) : 1
Hyper-Threading : 1
Family : F
FamilyEx : 00
Model : 6
Stepping : 2
APIC : 00
Feature : MMX SSE SSE2 SSE3 XD Intel 64
Clock : 3010.58 MHz
Data Rate :    QDR

L1 T-Cache :   12 KuOps
L1 D-Cache :   16 KB
L2 Cache : 2048 KB [Full:3010.58 MHz]
——————————————————————————

もともとの、物理マシンのベンチマーク
物理マシン1回目物理マシン2回目

P2Vで仮想化した、仮想マシンのベンチマーク
仮想マシン1回目仮想マシン2回目

なんと、Mark平均値で52%程度しかでていない。
へ?こんなもんしか出ない!?

もともとの、物理マシンのベンチマーク
物理マシン1回目物理マシン2回目
P2Vで仮想化した、仮想マシンのベンチマーク
仮想マシン1回目仮想マシン2回目

仮想化することでパフォーマンスが上がっている!!
本当か?
Sequential Read : 58%
Sequential Write : 54%
Random Read 512KB : 72%
Random Write 512KB : 111%
Random Read 4KB (QD=1) : 112%
Random Write 4KB (QD=1) : 211%
Random Read 4KB (QD=32) : 135%
Random Write 4KB (QD=32) : 213%

今回は、P2V後にHyper-vを動かしているマシンが同スペックとは言えないことや、
すべてが同じようにベンチマークがでるわけではないため、数値は、あくまで参考までにしていただきたい。

へたしたら、システムを移行後に、期待通りの結果を得られない可能性も0ではない。
実際のシステムを移行する場合の負荷を考慮して考える必要がありそうだ。

Related post

  1. 未分類

    LPIC Level3を受験しよう

    LPIC Level3を受験します。せっかくLevel2を持っ…

  2. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる)

    SystemRescueCDはCDではなくUSBに入れることができます…

  3. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(1)

    NTTデータからオープンソースとして公開されている、運用管理のソフトで…

  4. 未分類

    fmlでメンバー以外の投稿に無視を決め込む方法

    メンバー以外から投稿受けた場合なにもしないhookconfig.ph…

  5. 未分類

    drbdの起動方法

    サーバを再起動した場合、secondary/secondaryで起動さ…

  1. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか
  2. Linux

    PowerShell on Bash on Ubuntu on Windows …
  3. Azure

    Channel9で公開されてた。第1回 Tokyo Jazug Night!
  4. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベ…
  5. Linux

    WindowsでSLを走らせる。その他も。
PAGE TOP