RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク  RHEL5もベンチしてみる

前回の続きです。 リリース版をダウンロードしてベンチマークをとりました。
環境は前回と同じです。

RHEL5 リリース版

TEST BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 2458708.1 210.7
Double-Precision Whetstone 55.0 630.3 114.6
Execl Throughput 43.0 608.4 141.5
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 115309.0 291.2
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 36868.0 222.8
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 208917.0 360.2
Pipe Throughput 12440.0 210996.2 169.6
Pipe-based Context Switching 4000.0 62934.1 157.3
Process Creation 126.0 1834.3 145.6
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 119.7 199.5
System Call Overhead 15000.0 199415.6 132.9
      =========
FINAL SCORE     184.1

結果は、さらにスコアが下がってます

RHELのベンチをグラフ

環境にもよると思うがRHEL5はまだまだのようだ、RHEL4はいろいろ改善された(?)せいか
↑のグラフからもわかるがスコアは全体的に上回っている。
ファイルコピーの一部でRHEL5が上回っている部分も気になる。

この結果から思うのはRHEL5の導入はまだ早い・・・かもょ

以上!