超メモ:Zabbixの外部チェックでrubyスクリプトを動かす時のポイント

くどうです

rubyをrbenvでインストールした場合、アクセス権の問題で動かないことがあります。
ふつう動きませんw

ではどうするか。

事前に/root/.rbenv/shims/rubyを/usr/bin/rubyにシンボリックリンクを張ります。

1、rootでrubyスクリプトを呼び出す。bashスクリプトを書きます。

以下を/usr/lib/zabbix/externalscripts にazure として保存します。

#!/bin/bash
cd `dirname $0`
sudo /usr/bin/ruby azure.rb $*

2、アクセス権を変更します。

# chmod +x azure
# chmod +x azure.rb

3、sudo設定の変更します。

# visudo

以下を追記

Defaults:zabbix    !requiretty
zabbix  ALL=(ALL)       NOPASSWD: ALL

ZabbixはユーザZabbixで動作します。そこでsudoによりroot権限で動作させます。

これで、Zabbixにazureアイテムとして登録します。

以上です。

Linux,監視,運用Zabbix

Posted by jkudo