Azure

クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します。クラシックではなくリソースマネージャです。

はじめに

くどうです。

Azureでユーザーイメージを展開する方法です。
クラシックではなく、リソースマネージャです。
やっていることは、AWSでは直接VMとして取り込むVMインポートと、イメージとして登録するAMIの中間ぐらいことです。
ここでいうユーザーイメージは、カスタマイズ設定したOSイメージのことです。

ユーザーイメージの展開の大まかな流れは以下です。
1、ユーザーイメージを作成
2、ユーザーイメージをAzureストレージへアップロード
3、アップロードしたイメージからの展開

その中でも今回は、3番からの方法を説明します。

展開方法

アップロードしたイメージから展開する方法はいくつかあります。
Azure CLIやAzure Powershell、templateを利用した方法です。

最も簡単なtemplateを利用した方法です。

ユーザーイメージをAzureストレージへのアップロードが完了したら、以下のサイトへ移動します。
https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/101-vm-from-user-image
[Deploy to Azure]を押下します。

もしくは下記を押下します。
Deploy to Azure

テンプレートの設定が表示されます。
azure-quickstart-templates01

テンプレートの編集を押下し、以下の項目を環境に合わせて変更します。
(publicIPAddressName、vmName、virtualNetworkName、nicName、addressPrefix、subnet1Name、subnet1Prefix、publicIPAddressType)

パラメーターの設定をします。
azure-quickstart-templates03

「USERIMAGESTORAGEACCOUNTNAME」にはストレージアカウント名を入力します。
「OSDISKVHDURI」にはユーザーイメージを保存したのURIを入力します。
「DNSLABELPREFIX」にはDNSラベルを入力します。
「ADMINUSERNAME」には管理者の名前を入力します。
「ADMINPASSWORD」には管理者のパスワードを入力します。
「OSTYPE」にはWindowsかLinuxを選択します。
「VMSIZE」には立ち上げるサイズを入力します。
サイズについては下記を参考。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-size-specs/

サブスクリプションの設定をします。
これは、ユーザーイメージの保存されているサブスクリプションです。

リソースグループを選択します。
これも同様に、ユーザーイメージを保存しているサブスクリプションです。

法律条項を読み「作成」を行います。
azure-quickstart-templates04

以上でユーザーイメージの展開は完了です。

まとめ

Azureではすでにユーザーイメージから仮想マシンを展開するテンプレートが用意され、GitHubにあります。
そこから、コマンドラインではなくポータルから簡単に展開することができます。
特に、カスタマイズしたイメージを利用し、単体で展開する場合など利用すると便利かと思います。
今回は、単体での展開でしたが複数台の仮想マシンを展開する場合など、別途他の方法が必要となります。

ではでは

関連記事

  1. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

    はじめにくどうです。Diagnostics(診断)設定をす…

  2. Azure

    de:code 2016に参加した!

    はじめにくどうです。de:code2016に参加してきまし…

  3. Azure

    Azureのシンボルをpngに変換してみた。I converted the symbol of Az…

    どうも、くどうです。Azureのシンボルは提供されています。しかし…

  4. Azure

    リソースのLockは大事です。ポータルからも設定できます。

    はじめにくどうです。以前、リソースのロックの話を書きました…

  5. Azure

    仮想マシンの構成がダイアグラムで確認できます。

    ダイアグラムで表示くどうです。いつの間にか、仮想マシンがダ…

  6. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。

    最近、Azureの進化が止まらないので自分でも整理するために出力してみ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク
  2. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。
  3. Azure

    Azure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用したMFA(多要素認証…
  4. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベ…
  5. Azure

    Azure Monitor とBacklogを連携してアラートを課題登録する。
PAGE TOP