Azure

クイックスタートテンプレートを利用してユーザーイメージから仮想マシンを作成します。クラシックではなくリソースマネージャです。

はじめに

くどうです。

Azureでユーザーイメージを展開する方法です。
クラシックではなく、リソースマネージャです。
やっていることは、AWSでは直接VMとして取り込むVMインポートと、イメージとして登録するAMIの中間ぐらいことです。
ここでいうユーザーイメージは、カスタマイズ設定したOSイメージのことです。

ユーザーイメージの展開の大まかな流れは以下です。
1、ユーザーイメージを作成
2、ユーザーイメージをAzureストレージへアップロード
3、アップロードしたイメージからの展開

その中でも今回は、3番からの方法を説明します。

展開方法

アップロードしたイメージから展開する方法はいくつかあります。
Azure CLIやAzure Powershell、templateを利用した方法です。

最も簡単なtemplateを利用した方法です。

ユーザーイメージをAzureストレージへのアップロードが完了したら、以下のサイトへ移動します。
https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/101-vm-from-user-image
[Deploy to Azure]を押下します。

もしくは下記を押下します。
Deploy to Azure

テンプレートの設定が表示されます。
azure-quickstart-templates01

テンプレートの編集を押下し、以下の項目を環境に合わせて変更します。
(publicIPAddressName、vmName、virtualNetworkName、nicName、addressPrefix、subnet1Name、subnet1Prefix、publicIPAddressType)

パラメーターの設定をします。
azure-quickstart-templates03

「USERIMAGESTORAGEACCOUNTNAME」にはストレージアカウント名を入力します。
「OSDISKVHDURI」にはユーザーイメージを保存したのURIを入力します。
「DNSLABELPREFIX」にはDNSラベルを入力します。
「ADMINUSERNAME」には管理者の名前を入力します。
「ADMINPASSWORD」には管理者のパスワードを入力します。
「OSTYPE」にはWindowsかLinuxを選択します。
「VMSIZE」には立ち上げるサイズを入力します。
サイズについては下記を参考。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/virtual-machines-size-specs/

サブスクリプションの設定をします。
これは、ユーザーイメージの保存されているサブスクリプションです。

リソースグループを選択します。
これも同様に、ユーザーイメージを保存しているサブスクリプションです。

法律条項を読み「作成」を行います。
azure-quickstart-templates04

以上でユーザーイメージの展開は完了です。

まとめ

Azureではすでにユーザーイメージから仮想マシンを展開するテンプレートが用意され、GitHubにあります。
そこから、コマンドラインではなくポータルから簡単に展開することができます。
特に、カスタマイズしたイメージを利用し、単体で展開する場合など利用すると便利かと思います。
今回は、単体での展開でしたが複数台の仮想マシンを展開する場合など、別途他の方法が必要となります。

ではでは

関連記事

  1. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサポートしました。これ…

    はじめにくどうです。Serverless Framewor…

  2. Azure

    Azure DNS をポータルから使ってみた。シンプルです。

    はじめにくどうです。Azure DNS がポータルから操作…

  3. Azure

    Azure Application Gateway で Let’s Encrypt も使えます。Le…

    はじめにくどうです4/12にLet’s EncryptがG…

  4. Azure

    WordPressをAzureWebSiteに移行する方法

    最近は、WordPressを利用する人も多くなってきました。そこで、…

  5. Azure

    同サブスクリプションでVNET間接続を行う。ポータルでも設定できます。

    はじめにくどうです。VNET間接続、ポータルでもちゃんと設…

  6. Azure

    Azure AppService (WebApps)で Sendmailを利用する方法。これでSen…

    はじめにくどうです。Linuxではsendmailが重宝さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. その他

    クラウド系資格まとめ(2019/4/2版)
  2. Azure

    Azure App Service EnvironmentにWordPressを…
  3. Azure

    CacooでAzureのステンシル、テンプレートが使えるようになった。
  4. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。
  5. Linux

    WindowsでSLを走らせる。その他も。
PAGE TOP