Azure

Azure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用したMFA(多要素認証)を設定する方法

はじめに

Azure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用したMFA(多要素認証)を設定する方法です。

最近、MFAを求められるケースが増えたので復習です。

MFAを有効化

MFAの設定はアカウントごとに設定します。
最初にOffice365のポータルを開きます。
https://portal.office.com/

[ユーザー]→[アクティブユーザー]を開き対象のアカウントを開きます。

下部にある多要素認証をクリックします。

新たに画面が開きます。
そこで再度対象アカウントを選択します。
右側の有効をクリックし、MFAを利用するように設定します。

有効化します。

成功です。

次に一度ログアウトするなどし、再度AzureADへログインします。
Azureのポータルなどでも一緒です。

職場または学校のアカウントを選択します。

パスワード入力をします。

次の画面からMFAの設定になります。
初回のみ表示されます。

authyを利用する場合、Mobile app を選択します。
また、コードを利用して確認します。

QRコードが生成されますが、最初に表示されるのはMicrosoft authenticator 専用です。authyを利用するには[Configure app without notifications]をクリックします。

新たなQRコードが表示されます。

authyの画面を開き追加します。

認識すると追加されます。

Nextをクリック

確認コードを入力します。

authyの表示されたコードを入力します。

次にauthyが利用できなくなった場合の回復用の電話番号を登録します。

Outlookなど多要素認証が利用できないアプリケーション用のパスワードが表示されます。

以上で設定は完了です。

再度、ログイン時にコード入力画面が表示されます。

まとめ

簡単ですがauthyでMFAを利用する方法を書きました。
多要素認証が必須となるサービスが増えてきています。
設定しましょう。

関連記事

  1. Azure

    Azure Kubernetes Service (AKS)でknativeを動作させる方法

    はじめにAKSでknativeを動作させるためには、公式ドキュメン…

  2. Azure

    AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。Docker編

    はじめにくどうです。Vulsです。前回と一緒。いろ…

  3. Azure

    Azure Load Balancerと Azure Application Gateway のアク…

    はじめにくどうです。Azureにはアクセスを負荷分散す…

  4. Azure

    AzureにKubernetesを展開する5つの方法

    はじめにくどうです。今回は、AzureにKubernete…

  5. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

    はじめにくどうです。例えば、Azureで仮想マシンを使って…

  1. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(前編)
  2. 未分類

    バックアップを取りましょ その2 (SystemRescueCDでバックアップ)…
  3. Windows

    PowerShellの実行ログを取得する方法について。最低限やっておいた方が良い…
  4. その他

    第1回IETF勉強会に参加してきました。標準化の世界へようこそ。
  5. Windows

    WindowsでPowershellだけでSyslogを受信してみる。
PAGE TOP