Azure

Azure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用したMFA(多要素認証)を設定する方法

はじめに

Azure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用したMFA(多要素認証)を設定する方法です。

最近、MFAを求められるケースが増えたので復習です。

MFAを有効化

MFAの設定はアカウントごとに設定します。
最初にOffice365のポータルを開きます。
https://portal.office.com/

[ユーザー]→[アクティブユーザー]を開き対象のアカウントを開きます。

下部にある多要素認証をクリックします。

新たに画面が開きます。
そこで再度対象アカウントを選択します。
右側の有効をクリックし、MFAを利用するように設定します。

有効化します。

成功です。

次に一度ログアウトするなどし、再度AzureADへログインします。
Azureのポータルなどでも一緒です。

職場または学校のアカウントを選択します。

パスワード入力をします。

次の画面からMFAの設定になります。
初回のみ表示されます。

authyを利用する場合、Mobile app を選択します。
また、コードを利用して確認します。

QRコードが生成されますが、最初に表示されるのはMicrosoft authenticator 専用です。authyを利用するには[Configure app without notifications]をクリックします。

新たなQRコードが表示されます。

authyの画面を開き追加します。

認識すると追加されます。

Nextをクリック

確認コードを入力します。

authyの表示されたコードを入力します。

次にauthyが利用できなくなった場合の回復用の電話番号を登録します。

Outlookなど多要素認証が利用できないアプリケーション用のパスワードが表示されます。

以上で設定は完了です。

再度、ログイン時にコード入力画面が表示されます。

まとめ

簡単ですがauthyでMFAを利用する方法を書きました。
多要素認証が必須となるサービスが増えてきています。
設定しましょう。

関連記事

  1. Azure

    AKS ( Kubernetes ) のPod からログをfluentd を使って収集してelast…

    はじめにくどうです。今回はKubernetesでのログ…

  2. Azure

    ACS Engineを利用してAzure上にkubernetesをdeploy!

    はじめにくどうです。今回はAzureでのACS Engin…

  3. AWS

    動画でCloudを学べるCloud Academyとは?

    はじめにくどうです皆さんはCloud、例えばAzureやA…

  1. AWS

    mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。
  2. Linux

    PowerShell on Bash on Ubuntu on Windows …
  3. 未分類

    LPIC Level3を受験しよう
  4. Azure

    AzureのKali Linuxでapt-getを実行した時に Hash Sum…
  5. OSS

    Open Source Summit Japan 2018 に参加&スタッフする…
PAGE TOP