Azure AD Connect 同期を強制的に無効にする方法

はじめに

Azure AD Connect で同期を検証を行っていて、オンプレミスAD側を削除したため同期を無効化を忘れました。
そこでPowerShell経由で強制的に無効にした流れです。

無効化し忘れ同期できなくなると、メールが飛んでくるようになります。

ポータルでAazure ADを確認すると同期状態は有効になっています。

では、これを無効化していきます。

Azure AD接続する

無効化にはAzure ADに接続する必要があります。

最初に、モジュール MSOnlineをインストールします。

Install-Module MSOnline

信頼されていないリポジトリ
信頼されていないリポジトリからモジュールをインストールしようとしています。このリポジトリを信頼する場合は、Set-PSRepository コマンドレットを実行して、リポジトリの InstallationPolicy の値を変更してください。'PSGallery'からモジュールをインストールしますか?
[Y] はい(Y)  [A] すべて続行(A)  [N] いいえ(N)  [L] すべて無視(L)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "N"): Y

インストール後、Azure ADに接続します。

PS C:\WINDOWS\system32> Connect-MsolService

ログイン画面が表示されるのでグローバル管理者ユーザーでログインします。

無効化する

再度、同期の状態を確認します。

(Get-MSOLCompanyInformation).DirectorySynchronizationEnabled
True

有効化されていることが確認できます。

無効化します。

Set-MsolDirSyncEnabled ?EnableDirSync $false

確認
この操作を続行しますか?
[Y] はい(Y)  [N] いいえ(N)  [S] 中断(S)  [?] ヘルプ (既定値は "Y"): Y

再度、同期の状態を確認します。

(Get-MSOLCompanyInformation).DirectorySynchronizationEnabled
False

無効化されたことを確認できます。

ポータルでも確認してみます。

無効化されたことを確認できます。

以上で作業は完了です。

これらの作業は下記に記載があります。ただし表現がOffice365となっておりわかり難いです。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2619062/you-can-t-manage-or-remove-objects-that-were-synchronized-through-the
また、これらの無効化はモジュール AzureADではまだ(?)対応できません。