serverless

ServerlessDays Tokyoを終えて振り返りというか単なる感想です。

はじめに

くどうです。こうみえてもServerlessDays TokyoのCo-Chairっぽいことをやってます。
10月21日および22日にServerlessDaysにお越しくださった方ありがとうございます。大盛況でしたので来年もやります。

さて、振り返りです。

去年までの振り返り

ServerlessDaysについて簡単なおさらいです。
ServerlessDaysは、2016年から去年までServerlessConfとして開催していました。しかし、今年からは名前を変えて開催しました。両者はグローバルで開催されている団体ですが、異なる団体で運営されているます。変更した大きな理由としては、東京だけではなく「日本各地で行いたい」という理由です。
さらに詳しい理由は真吾さんのブログで書かれています。

運営側としても色々とメリットが多かったと思います。コアメンバーとして動く人が増えたという点です。一番最初を思い出すと学生アルバイトを募集して面接までやっていました。

・・・当時アルバイトしてくれた子たちは大学卒業してるか就活してるんじゃとふと思ってしまった。

さすがに現在は当日スタッフとして動いてくれるひとも増えたのでまかなえてます。

ServerlessDays Tokyoをスタッフとして振り返る(事前準備)

今回の準備は大体2月中頃から開始しています。最初の内はだらだらと、4月ぐらいから徐々に走りだしました。基本、毎週のリモートでミーティングを行い進捗を確認し進めるスタイル。役割分担についてはやりたい人がコレやりたいアレやりたいで進めました。私はどちらかと言うと当日運営をどうにかする部隊です。

主に事前に準備を行う必要があったことは以下です。

  • お金まわり
  • スポンサー対応
  • サイト運営
  • CfP募集と選定
  • タイムテーブル作成
  • Tシャツ作成
  • 当日準備

他にも細々したものはありました。

この中に一番楽しかったのはCfPの選定です。今年のCfPの応募総数は90を超えていました。その中からキーノート以外は選定しています。
CfPの募集に際してはpapercallというサービスを利用しています。あまり日本のカンファレンスでは見かけないですが、海外ではメジャーのようです。世界各地のServerlessDaysでは利用しているようです。

募集したとたんに海外からの応募が多数!

採点方法については、コアメンバによる採点方式です。採点だけでは主観的な部分が多いため、それプラス、結構な時間をかけてミーティングを行い決定しています。
プロポーザルにはServerlessが全く関係ない物が有ったり、惜しくも選定から外れたものもあります。

私は、当日スタッフのスケジュールを考えたりなんか色々行ってました。
あと、ちょいちょい小言を言う感じですw

ServerlessDays Tokyoをスタッフとして振り返る(1日目)

ServerlessDaysは平日と休日の2日間に渡って行われます。1日目はワークショップ、2日目がカンファレンスです。

1日目は毎回DMMさんの会場をお借りして行っています。会場は長細いのとディスプレイの多さで、複数のワークショップを並列して行うにはとても最適な場所です。そしてAWSさんとMicrosoftさんが毎回スポンサーをしてくれワークショップを行っています。今回は新しい試み、チューニングコンテストを行っています。他に有志によるKnativeのワークショップです。

10時からの開催ですがスタッフの集合は8時です。実は寝れなくて完徹してました。
超眠かったです。1日目はワークショップなので、そこまで気合いれてません。やることは限られます。会場の準備、コーヒー、ドーナッツの準備、会場の撤収ぐらいです。ワークショップを行われる方は進行など慣れているので運営はほぼ放置です。それにしても皆さんコーヒー飲みますね。タリーズのポットサービスだったのですが合計13ポットで130杯ぐらいでした。あとドーナッツも大量に150個でした。

スピーカーディナーも行われています。本番のカンファレンスに向けて英気を養ってもらうために行っています(ほんとか?)。これは主にスピーカーと(個人)スポンサーとスタッフです。貸しスペースのようなところで、食べ物はLineデリカ(私は知らなかった。Lineってなんでもやってるなぁ。)で注文し、カクヤスでドリンクを注文しパーティを行ったのですが最後はカラオケ大会になっていました。

ウェーィ

ServerlessDays Tokyoをスタッフとして振り返る(2日目)

2日目が我々の本番です。
天皇陛下の即位に被せてしまった。というかそこしか大型ITイベントと被らない場所を考えた結果でしたが、ラッキーかアンラッキーかパレードが中止になってしまったため、都内はそこまで混んでなかったようで運営には支障はありませんでした。

集合時間は6時30分!早い!とても早い!場所はTABLOIDです。そして残念ながら雨!ServerlessConfを最初に行った場所でもあります。
入館するまでもドタバタ。TABLOIDの人がなんとインキー!!セコムの人呼びました(w
7時過ぎまで入館できないトラブル。入館後はイスを並べて受付やスポンサー出展場所を作ったり。人数がそれなりにいたのとスタッフ慣れしたメンバーが多いのが良かったんだと思います。

司会していました。たんたんと進めてい行きました。それに加えて予定通り進んでいるか確認しつつドタバタ進行を。

お昼美味しかったですね。TABLOIDに併設されているカフェがごはんを提供してもらいました。実は高評価のお店だったりします。

今回のServerlessDaysでは自分が絡んでた案件も実はあったり、勉強になる箇所が多々ありました。

カンファレンス終了後は皆さんお待ちかねの懇親会タイム!
参加者には色々な思いを吐き出していただきました。

ウェーィ

まとめ

皆さん楽しかったですか!ウェーィ


来年もやります!ウェーィ

その前に福岡で!

スタッフも募集しています!ウェーィ

関連記事

  1. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレーションを利用しSen…

    はじめにくどうです。今回取り上げるのは、Azure Fun…

  2. Azure

    Azure Kubernetes Service (AKS)でknativeを動作させる方法

    はじめにAKSでknativeを動作させるためには、公式ドキュメン…

  3. serverless

    ServerlessDays Tokyo を2019年10月21-22日の2日間で開催します。

    はじめにServerlessDays Tokyo の中の人です…

  4. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサポートしました。これ…

    はじめにくどうです。Serverless Framewor…

  1. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)
  2. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。
  3. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。
  4. 未分類

    シリアルATA用オプション(メモ)
  5. Azure

    Office365のポータルから購入できるライセンスはいっぱいあります。
PAGE TOP