Windows

WSL2がWindows Server 2022 build 22538 で動くぞ

はじめに

Windows Server 2022 build 22538が公開されました。そしてWindows11っぽいUIになっています。

Announcing Windows Server Preview Build 22538 - Microsoft Tech Community
Announcing Windows Server Preview Build 22538 - Microsoft Tech Community

Hello Windows Server Insiders! Today we are pleased to release a new build of the next Windows Serve ...

techcommunity.microsoft.com

もともと、Windows Server 2022ではWSLが動作します。ただしバージョン1限定でした。

build 22538になってバージョン2が、とうとう利用できるようになります。

*build 22538はプレビューなので仕様変更などにより、今後利用できなくなる可能性もあります。

実際に動作するか確認してみたいと思います。

WSL2のインストール

build 22538でインストールする場合にはコマンドプロンプト(PowerShell)より実行します。

wsl --instll

でインストールが完了です。

ただし、この時点ではUbuntuなどディストリビューションはインストールされません。ここは、これまでと違うと思います。勝手にUbuntuが入りません。

インストール完了後はrebootします。

メニューにコイツが現れます。ゆるキャラ?

この時点では起動してきません。

The Remote Procedure Call Failed and Did Not Execute

というエラーで終了します。

これは、あるサービスを起動すると解消します。

下記のサービスを起動します。

  • Remote Procedure Call (RPC) Locator

サービスを起動します。

これで起動してwsl2を利用することが出来るようになります。

試しに、Ubuntuをインストールします。

wsl --install Ubuntu

問題なく起動することを確認します。

実際にWSLのバージョンを確認します。バージョン2で動作していることが分かります。

まとめ

Windows Server 2022では今後WSL2に対応することでしょう。WSL2が使えることで、例えばDockerを動作させて公開するなんてことも用意にできるようになります。WSLに比べてパフォーマンスが良くなることでしょう。Windows Server  + WSL2は様々な利用方法が出てくるのではないかと楽しみです。

-Windows
-,