Linux

WSLにUbuntu Server 22.04 LTSをインポートする

はじめに

Ubuntu Server 22.04 LTSをWSLで利用するにはMicrosoft Storeからインストールするか、直接インポートします。

今回は直接インポートする方法を紹介します。

WSLへのインポート方法については下記で説明しています。

WSL(2)でOSを手動で無限に追加(インポート)する方法 - 技術的な何か。
WSL(2)でOSを手動で無限に追加(インポート)する方法 - 技術的な何か。

はじめに WSLはMicrosoft Storeからインストールするのがベストな方法ですが、環境を変えたい、別にしたいなど様々シーンがあると思いますので紹介したいと思います。 ここで紹介するのは以下の

level69.net

Ubuntu Server 22.04 LTSのインポート

Ubuntu Server 22.04はWSL用にパッケージが用意されています。

Ubuntu Server 22.04 LTS (Jammy Jellyfish) released builds

Ubuntu 22.04 (Jammy Jellyfish) Daily Build

Daily BuildがLTSついていない理由は分かりません。実際はインストールしてバージョンを確認するとLTSがついているのでどちらでも大丈夫です。

今回はreleased buildsをダウンロードして利用します。

必要なファイルは[ ubuntu-22.04-server-cloudimg-amd64-wsl.rootfs.tar.gz ]です。これを適当なフォルダにダウンロードします。

例では C:¥WSL に保存しています。

コマンドプロンプトもしくはPowerShellで実行します。

最初にWSLで利用しているディストリビューションを確認します。

PS C:\Users\user1> wsl -l -v
NAME STATE VERSION
* ubuntu220401 Running 2

名前を確認しておきます。

WSLでインポートする方法は下記のコマンドです。

wsl --import <DistributionName> <InstallLocation> <FileName> --version 2

実際にインポートします。

wsl --import ubuntu220402 C:\Users\user1\AppData\Local\Packages\ubuntu220402 C:\WSL\ubuntu-22.04-server-cloudimg-amd64-wsl.rootfs.tar.gz --version 2

基本的にインストールする場所はどこでも構いませんが、通常WSLをMicrosoft StoreからインストールするとC:\Users\jun\AppData\Local\Packages\にインストールされます。

PS C:\Users\user1> wsl -l -v
NAME STATE VERSION
* ubuntu220401 Running 2
ubuntu220402 Stopped 2

ubuntu220402が追加されていることが分かります。

Windows Terminalなどでも確認ができます。Windows Terminalは自動的に追加してくれます。

まとめ

WSLで直接イメージをダウンロードすることでUbuntu Server 22.04 LTSを複数取り扱うことができます。

様々な開発環境を利用するには便利だと思います。

-Linux
-,