AWS

mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。

mackerelなるサービスがリリースされたので試してみました。
クラウドのリソースを監視するシステムです。

今回は、AWSのAmazonAMI EC2インスタンスを立ち上げて検証してみます。
登録してみましょう。メールアドレスを入力してさくっと登録。

では監視対象にAgentを設定していきます。
yumだとすごく簡単にインストールできます。

インストールが終わったら、設定ファイルを編集します。
この辺のスクリプトは自動生成してくれます。

以上で下記にapikeyが設定されます。apikeyについてはそれぞれ違うので確認します。

でもって、agentを起動します。

以上でEC2インスタンスの設定は完了です。
早いですね。

Dashboardを確認するとすでに追加されています。

最初に監視するためのサービスを作成します。
左メニューからServicesを開き、サービスの追加をクリックします。

適当な名前を付け作成ます。
次に、作成すたサービスを開いていき、ロールを追加します。

次に、作成したロールをホストに割り付けます。

するとこんな感じに取れます。

管理もできるのでやってみましょう。
左メニューのMonitorsを開き監視ルールを追加します。

とおもったら追加できなかった。なんでだ?
まぁ設定簡単です。
AWSだとauto scaleのUserdataに登録すると、自動登録できるんでないだろうか。

でわでわ

Related post

  1. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。

    はじめにくどうです。最近、よく聞かれることがあります。「A…

  2. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。

    最近、Azureの進化が止まらないので自分でも整理するために出力してみ…

  3. AWS

    EC2のリソースIDが長くなります。

    はじめにくどうです。新しく作成したアカウントではAWSがI…

  4. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。

    はじめにくどうです。Azure Functions が出ま…

  5. Azure

    elasticsearch + kibana を5分ぐらいで構築する。

    くどうです。Azure上にelasticsearchを5分で構…

  1. 未分類

    シスタン きたみりゅうじ
  2. 未分類

    バックアップを取りましょ その3 (SystemRescueCDでリストア)
  3. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法
  4. Azure

    Azure Monitor とBacklogを連携してアラートを課題登録する。
  5. Azure

    Azure Sphere MT3620 始めました。サンプルアプリがとりあえず動…
PAGE TOP