AWS

mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。

mackerelなるサービスがリリースされたので試してみました。
クラウドのリソースを監視するシステムです。

今回は、AWSのAmazonAMI EC2インスタンスを立ち上げて検証してみます。
登録してみましょう。メールアドレスを入力してさくっと登録。

では監視対象にAgentを設定していきます。
yumだとすごく簡単にインストールできます。

インストールが終わったら、設定ファイルを編集します。
この辺のスクリプトは自動生成してくれます。

以上で下記にapikeyが設定されます。apikeyについてはそれぞれ違うので確認します。

でもって、agentを起動します。

以上でEC2インスタンスの設定は完了です。
早いですね。

Dashboardを確認するとすでに追加されています。

最初に監視するためのサービスを作成します。
左メニューからServicesを開き、サービスの追加をクリックします。

適当な名前を付け作成ます。
次に、作成すたサービスを開いていき、ロールを追加します。

次に、作成したロールをホストに割り付けます。

するとこんな感じに取れます。

管理もできるのでやってみましょう。
左メニューのMonitorsを開き監視ルールを追加します。

とおもったら追加できなかった。なんでだ?
まぁ設定簡単です。
AWSだとauto scaleのUserdataに登録すると、自動登録できるんでないだろうか。

でわでわ

Related post

  1. AWS

    超メモ:cloud-initでgrowpartを利用する場合の注意

    はじめにくどうです。超メモです。これは、ハマリました。だってc…

  2. Azure

    Azureのリソースをもっとライトに管理運用しよう。

    はじめに くどうです。 Azureを管理する方法として…

  3. Azure

    SCOMで監視できるAzure(リソースマネージャ側)のサービス

    はじめにくどうです。SCOMで監視できるAzureのサービスSC…

  4. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!

    はじめにくどうです。Google Stackdriver …

  5. AWS

    Storage Gateway を Windows Server バックアップのバックアップ先に使っ…

    はじめにくどうですたまにはAWSネタも・・・さて、ファ…

  6. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27)

    はじめにくどうです。AWS/Azure/GCP クラウド各…

  1. 未分類

    drbdのインストール
  2. Azure

    Azure RemoteAppを使ってみる。Officeが使えますよ!
  3. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。
  4. 未分類

    CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編
  5. Azure

    みんな大好き Kali Linux がAzure Marketplaceに追加さ…
PAGE TOP