Azure

リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

はじめに

くどうです。

例えば、Azureで仮想マシンを使ってサービスをリリースするぜ!ってとき、リソースはちゃんとLockしてますか?
AWSでは、Termination Protectionを当たり前のように使います。意図しない削除を防止するためです。さすがに、意図して削除するのは悪意を持っているので・・・
lo02
上記ではEnable、つまり有効になった状態です。ボタン一つで変更が行えます。

では、Azureではどうでしょう。
できます。PowerShellやREST APIを使って・・・めんどうですな。しかもARMだけ。
でも、Azureが良いところはほぼすべてのリソースにLockをかけれます。
実際に、仮想マシンにLockをかけていきたいと思います。

参考は下記。
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/resource-group-lock-resources/

Lockだぜ

操作はPowershellから行います。
対象サブスクリプションにてログインしている状態です。

最初に対象のリソースを確認します。

次に、Lockを行います。
必要な情報は
ResourceName : ansible
ResourceType : Microsoft.Compute/virtualMachines
ResourceGroupName : devrg

現状対応しているのは「削除不可」CanNotDelete のみ

この状態で、実際に削除を行います(俺のAnsibleちゃんが消えませんように)。

lo01

ポータルから管理者権限もったユーザーで削除を行ったところ、消えませんでした。
サイズの変更も含め、その他の作業は行えます。

設定を削除する場合は Remove-AzureRmResourceLock を利用します。

その他に
・Set-AzureRmResourceLock
 New-AzureRmResourceLockと挙動は一緒です。

・Get-AzureRmResourceLock
 Lockされえている場合は値を返します。

AzureRmResourceLockに関するコマンドレッドは4つです。

おわりに

リリース時のLockは非常に重要です。むしろやってください。削除されて泣くのはあなたです。
現状、ポータルからの変更や確認ができません。早くできるようになってほしいですね。

ではでは

関連記事

  1. その他

    JMeterでタコ殴りにしたけどエラーが出る場合の対処。とりあえずポートを増やせ。

    今回は、軽い感じで1台のLinux上のJMeterでALBをタコ殴りに…

  2. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。

    はじめにくどうです。ちょっと、Azureで仮想マシンのDi…

  3. Azure

    みんな大好き Kali Linux がAzure Marketplaceに追加されました。これで脆弱…

    はじめにくどうです。今回はちょっとセキュリティ方面の話です…

  4. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

  5. Azure

    Azure Active Directory の削除方法。それ、ServicePrincipalの問…

    はじめにくどうです。みなさんAzure Active Direct…

  1. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
  2. その他

    ルワンダ旅行記 – ICT立国を目指す国で見てきたもの –…
  3. Azure

    de:code 2016に参加した!
  4. 日記

    MVP for Azure なのでMVP Global Summit に参加して…
  5. セキュリティ

    Chrome Remote Desktopはポートを開ける必要が無い、コピペも出…
PAGE TOP