未分類

bonding

bondingです。チーミングです。
NICを冗長化します。

検証環境
CentOS5.0
NIC:corega CG-LAPCITX 2枚
なるべく同じNICの方がいいかも

bonding

検証環境

メーカによってはbonding用ドライバを独自に用意してます。HPとか・・・

1、bonding用の仮想インタフェースを作成します。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0

DEVICE=bond0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.254.30
NETWORK=192.168.254.0
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.254.255
USERCTL=no
GATEWAY=192.168.254.254

IPは環境に合わせて変更してください。

2、冗長化するNIC1 eth0
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no

3、冗長化するNIC2 eth1
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no

あとモジュールをロードする必要があります。
/etc/modprobe.conf

options bond0 mode=0 miimon=200
を追加します。

コレで準備は完了です。
再起動します。

さてテストとしてSWにからブッチします。
eth0抜いて~挿して~
eth1抜いて~挿して~
両方抜いて~挿して~
・・・・・
が!
うまくいかなかったです。
設定はこれ以上は必要ないはずです。

ただ、Server側からどっかにping打ち続けるとうまくいきます。
仕様????
謎です┐(゚~゚)┌

 

関連記事

  1. 未分類

    Hotwired Japan → WIRED VISION

    なつかしい・・・2006年4月から停止していたHotwired Jap…

  2. 未分類

    Karesansuiのインストール方法

    HDEが公開したオープンソースなサーバー仮想化管理ソフトウェア「Kar…

  3. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法

    注意!!下記の作業を行ってデータ吹っ飛んでも責任はもてないよ。そこんと…

  4. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストしてみました

    前回に引き続き、P2Vのベンチマークです。前回記事:P2Vした仮想マ…

  5. 未分類

    バックアップを取りましょ 番外編 (SystemRescueCDをUSBに入れる)

    SystemRescueCDはCDではなくUSBに入れることができます…

  6. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストール(2)

    前回はVirtual Server 2005 R2のインストール、バー…

  1. その他

    PowerMockupが便利でっせ。有料だけど。
  2. AWS

    mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。
  3. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  4. 未分類

    本を読む -Dr.きたみりゅうじのSE業界ありがち勘違いクリニック-
  5. Azure

    Node Auto-Scaling + Kubernetes with ACS-…
PAGE TOP