bonding

bondingです。チーミングです。
NICを冗長化します。

検証環境
CentOS5.0
NIC:corega CG-LAPCITX 2枚
なるべく同じNICの方がいいかも

bonding

検証環境

メーカによってはbonding用ドライバを独自に用意してます。HPとか・・・

1、bonding用の仮想インタフェースを作成します。
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-bond0

DEVICE=bond0
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
IPADDR=192.168.254.30
NETWORK=192.168.254.0
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.254.255
USERCTL=no
GATEWAY=192.168.254.254

IPは環境に合わせて変更してください。

2、冗長化するNIC1 eth0
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

DEVICE=eth0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no

3、冗長化するNIC2 eth1
/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth1

DEVICE=eth1
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no

あとモジュールをロードする必要があります。
/etc/modprobe.conf

options bond0 mode=0 miimon=200
を追加します。

コレで準備は完了です。
再起動します。

さてテストとしてSWにからブッチします。
eth0抜いて~挿して~
eth1抜いて~挿して~
両方抜いて~挿して~
・・・・・
が!
うまくいかなかったです。
設定はこれ以上は必要ないはずです。

ただ、Server側からどっかにping打ち続けるとうまくいきます。
仕様????
謎です┐(゚~゚)┌