AWS

ひとつのEBSを分割してみますよ

はじめに

くどうです。

今回は、EBSのパーティション小手先技です。
通常、パーティションを分ける場合は新たにEBSボリュームを追加し分けることが多いと思います。
しかし、SSDの場合には容量によってIOPSが設定されるため、ひとつのボリュームで大きくとった方がお得です。
そこで、ボリュームを分けるひとつ方法として解説していきます。

容量が300GBのEBSで
AMIはCentOS(hvm)です。
hvmの場合って自動的にresizeしてくれないんですよねorz

作業順序

①最初はルートパーティションは8GB
②後ろから200GBを確保
③ルートパーティションを100GBに拡張

hddextend

後ろから200GBを確保

最初にパーティションの変更を行うめpartedをインストールします。
# yum install parted

partedを起動します。

MB表示にします。

現在のパーティションを表示します。

パーティションを作成します。
開始は後ろから200GBを確保します。

再起動します。

ファイルシステム作成します。
xvda2が作成されているのでext4にします。

Partedで確認します。

マウントしてみましょう。fstabに以下を追加。

マウントを確認します。

ルートパーティションを100GBに拡張

確認が行えたら、次にルート側を拡張します。
dracut-modules-growrootをインストールします。

以下がインストールされます。
cloud-utils-growpart
dracut-modules-growroot

コマンドでパーティションを拡張します。

参考:CentOS on Amazon EC2 でディスクサイズ変更しても変わらないときの対処方法

起動を確認した場合は

自動的にリサイズされるAMIの場合は方法が異なります。
最初にルートパーティション分のEBSを確保し以下の行を削除し、Partedで調整しましょう。

# vi /etc/cloud/cloud.cfg
– growpart
– resizefs

まとめ

安価にひとつのEBSで少々パフォーマンスを向上させたいときにいかがでしょうか。

関連記事

  1. AWS

    Storage Gateway を Windows Server バックアップのバックアップ先に使っ…

    はじめにくどうですたまにはAWSネタも・・・さて、ファ…

  2. AWS

    パソコン同士をVPNで接続する方法(お気に入りツールの紹介)

    はじめにくどうですパソコン同士をVPNで接続する場合が多く…

  3. AWS

    AzureとAWSを接続してみようと思うけどどうやるの?

    はじめにくどうです。2015年初投稿です。クラウド間で接続して…

  4. Docker

    Docker on Ubuntu16.04 on Windows Subsystem for Lin…

    WSL(Windows Subsystem for Linux)でDo…

  5. AWS

    mackerelを使ってみたんだけど簡単だった。

    mackerelなるサービスがリリースされたので試してみました。クラ…

  6. AWS

    AzureとAWSにおけるIaaS可用性の違いを少しだけおさらい。

    はじめにくどうです。最近、よく聞かれることがあります。「A…

  1. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサ…
  2. Linux

    一定回数のログイン失敗でロックしちゃうぜ!
  3. 未分類

    fmlでメンバー以外の投稿に無視を決め込む方法
  4. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。
  5. その他

    デブナイト vol1 に行ってきた。 タニタ食堂のご飯って美味しいです!
PAGE TOP