Azure Active Directoryを削除する。なんか消えないんすけど。

2016年4月24日

はじめに

今回はAzure Active Directory(以下AAD) の削除方法について解説してきたいと思います。
一度利用したAADはポータルから一発削除が行えない場合があります。
一部、Azure PowerShellでの操作が必要となります。

こちらもご参考ください。以下の作業だけで消えないケースの方が多いみたいです。
https://level69.net/archives/23475

インストール方法などは以下を参照してください。

Azure PowerShell のインストールと構成の方法
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/powershell-install-configure/

ユーザーの削除

最初に、ユーザーの削除を行います。
ポータルからディレクトリの削除を行い、以下のようなエラーが表示される場合があります。

delad01

次の問題があるため、このディレクトリを削除できません
・ディレクトリに複数のユーザーが含まれています。

ユーザーを削除する必要があります。
ポータルからも削除できますが、オンプレミスと連携した場合はPowerShellでなければ削除できないのです。office365の管理画面からも削除できます。
エラーが出ない場合は、次項へ進みます。

先ずユーザーを削除します。
PowerShellコンソールを開きAADへ接続します。
注意:事前に全体管理者(Global admin)の権限を持ったユーザーが必要です。

全体管理者(Global admin)の権限を持ったユーザーのCredentialを入力します。

以下のコマンドでユーザーを確認します。

不要なユーザーを確認します。

不要なユーザー削除します。

ex

以上でユーザーの削除は完了です。

グループの削除

グループの削除を行います。

グループはすべて削除します。
ポータルからも削除できますが、オンプレミスと連携した場合はPowerShellでなければ削除できません。office365の管理画面からも削除できます。

以上ですべてのグループが削除できます。

アプリケーションの削除

アプリケーションとの連携を削除します。
ポータルからディレクトリの削除を行い、以下のようなエラーが表示される場合があります。

delad02

次の問題があるため、このディレクトリを削除できません
・ユーザーまたは管理者が追加した1つ以上のアプリケーションがディレクトリに存在します。

削除します。

エラーは無視します

以上で削除完了です。

ドメインの削除

追加したカスタムドメインを削除します。
ポータルから削除できます。もしくは以下のコマンドで削除します。

ドメインの確認

ドメインの削除

以上で削除完了です。

ディレクトリ統合

アクティブ化したディレクトリ同期を非アクティブにします。
ポータルから非アクティブ化できます。もしくは以下のコマンドで非アクティブ化します。

ディレクトリの削除

PowerShellで接続するために作成したユーザーをポータルから削除します。

delad03

以上で削除完了です。

おわりに

コンソールからアプリケーションが追加された場合、ポータルから削除できないことがあります。
一部、上記の方法でも削除できないケースもあります。
おいおいそこら辺は、書こうと思います。

ではでは、良いAzure Lifeを。