Azure

Azure PowerShell のインストールで注意すること。あれ? Azure Resource Manager が使えない。

はじめに

くどうです。

最近、PCを入れ替えてAzure PowerShellをインストールする機会がありました。
そこでサブスクリプションへの接続方法によって、Azure Resource Managerを利用できないってことがあったので、ちょいまとめです。

サブスクリプションへの接続

サブスクリプションへの接続方法には2種類あります。

参考:Azure PowerShell のインストールと構成の方法
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/powershell-install-configure/

  • Azure AD 方式を使用する
  • 証明書方式を使用する

結論からいうと、後者では Azure Resource Manager が利用できません。
(公式サイトにも記載されています)
昔から使っている人は後者の方が慣れているかもしれません。

証明書方式を使用する

サブスクリプション情報のダウンロード

ダウンロードした資格情報の取り込み

サブスクリプションの確認

出力結果

出力結果から分かるように SupportedModes が AzureServiceManagement のみです。
これでは、Azure Resource Managerが利用できないのでダメですね。

ここからは「Azure AD 方式を使用する」方法でサブスクリプションへ接続し、Azure Resource Manager が利用できるようにしましょう。

Azure AD 方式を使用する

アカウントの資格情報を入力します。

サブスクリプションの確認

出力結果

SupportedModes に AzureResourceManagerが追加されています。
これで、利用できるようになります。

サブスクリプションの確認方法

or

資格情報は以下に保存されているので直接見ます。

(接続方法を変更する場合にも削除する必要はないです。上書きされます。)

まとめ

ネット上の情報は混在していますが、AzureResourceManagerが主流となるため「Azure AD 方式を使用する」方法で接続しましょう。
ではでは、良いAzure Lifeを。

関連記事

  1. Azure

    Azure Active Directoryを削除する。なんか消えないんすけど。

    はじめに今回はAzure Active Directory(以下A…

  2. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  3. AlibabaCloud

    Azure、AWS、GCP、Alibaba CloudのCPU脆弱性対応のまとめ

    くどうですCPUの脆弱性が公開されて各クラウドベンダーが対応し…

  4. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

    はじめにくどうです。例えば、Azureで仮想マシンを使って…

  5. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かもよ。

    はじめにくどうです。前回の投稿では概要だけ説明しました。Azur…

  1. GCP

    GoogleのTitan Security KeyでGCPにログインしてみた。
  2. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。
  3. 未分類

    bonding
  4. AWS

    Google Stackdriver でAWSと連携してみた。これイイです!
  5. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。
PAGE TOP