Azure

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。

はじめに

くどうです。

Vulsです。いろいろ省きます。
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。
Vuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。
ユーザー名はvulsuserです。

Configではlocalhost(自分自身)をスキャンします。

コピペ

以下をコピペでインストールします。

再起動後、下記にアクセスすることでVulsRepoを確認できます。
http://[IPアドレス]/vulsrepo/

[メモ]
ln -s /var/www/html/vulsrepo/results /home/vulsuser/
こいつには悩んだ。
ln -s /home/vulsuser/results /var/www/html/vulsrepo/results
これでは何故かうまく動作しなかった。

まとめ

何回も検証のためインストール繰り返したので簡単にインストールできるようメモです。

ではでは

関連記事

  1. Azure

    Cognitive ServicesでFace APIを使ってみる。これ面白い!

    はじめにくどうです。Cognitive Services …

  2. Azure

    Office365のポータルから購入できるライセンスはいっぱいあります。

    はじめにくどうです。前回、Office365でAzure …

  3. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

    はじめにくどうです。Diagnostics(診断)設定をす…

  4. Azure

    Azure Firewall でFQDN filtering を利用してみる。

    はじめに新たにAzure Firewallがリリース(プレビュー)…

  5. Azure

    AzureのKali Linuxでapt-getを実行した時に Hash Sum mismatch …

    はじめにくどうですAzure のKali Linuxを起動…

  6. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。

    はじめにくどうです。東京であつくて溶けました。 最近では、AW…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Azure

    Azure上のActive Directoryをディレクトリサービス復元モード(…
  2. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かも…
  3. Azure

    Azure Functions でDatadog のWebhook インテグレー…
  4. Azure

    Azureの公式ドキュメントを更新しよう!だれでも更新できるんですよ。
  5. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxy…
PAGE TOP