Azure

AzureにVulsをインストールしてみる。コピペでどーん。

はじめに

くどうです。

Vulsです。いろいろ省きます。
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md

対象環境はCentOS-based 7.2です。たぶんCentOS7系なら大丈夫かな。
Vuls本体とVulsRepoがインストールされます。

別途、ポータルからネットワークセキュリティーグループにhttp用80番ポートを設定します。
ユーザー名はvulsuserです。

Configではlocalhost(自分自身)をスキャンします。

コピペ

以下をコピペでインストールします。

再起動後、下記にアクセスすることでVulsRepoを確認できます。
http://[IPアドレス]/vulsrepo/

[メモ]
ln -s /var/www/html/vulsrepo/results /home/vulsuser/
こいつには悩んだ。
ln -s /home/vulsuser/results /var/www/html/vulsrepo/results
これでは何故かうまく動作しなかった。

まとめ

何回も検証のためインストール繰り返したので簡単にインストールできるようメモです。

ではでは

関連記事

  1. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)

    更新アップデートしてたのでPowerMockupのシェイプも更新…

  2. Azure

    Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。

    はじめにくどうです。何かと仮想マシンでActive Dir…

  3. Azure

    CacooでAzureのステンシル、テンプレートが使えるようになった。

    はじめにヌーラボさんのCacooですがAzureのステンシル、テン…

  4. Azure

    Node Auto-Scaling + Kubernetes with ACS-Engine on …

    はじめにくどうです。Azure上に、ACS-Engineで…

  5. Azure

    Azure のiPhoneアプリがリリースされた。

    BUILDBUILD をみながらiPhoneアプリがリリー…

  6. Azure

    Azureでは仮想マシンのパスワードをポータルからリセットできます。

    はじめにくどうです。Azureで、仮想マシンのパスワードを…

  1. Azure

    AzureでFreeBSD!Marketplaceから簡単に利用できるようになっ…
  2. Azure

    Azure仮想マシンでメトリクスを取得する3つの方法。
  3. Tips

    PowerShell だけでUDPの疎通確認を行う。
  4. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか
  5. その他

    勉強会が無くならないように地方の人は頑張って下さい。
PAGE TOP