AWS

Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意事項

はじめに

くどうです。

DSaaSをProxyを使用する場合のTipsです。
ちょいとハマったので。

DSaaSは導入すると、外向けに443、80を全開放する必要があります。
Azure、AWSもですが、外向けにセキュリティグループを設定する場合、IPで指定します。
そのため、固定ではないDSaaSでは全開放するという矛盾が発生します。
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1104586.aspx
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1097010.aspx

そこで、Proxyを利用し、出口を絞ることでリスクを低減します。
さらに、ホワイトリストを指定することで、DSaaSのみで利用するProxyにします。

Proxyを設定する

ホワイトリストを行うため、FQDNでフィルタリングできるProxyを設定します。
Proxyと言えばsquidということで以下は、ホワイトリストを利用できるsquid.confです。
localnetはネットワークに合わせて変更してください。
キャッシュは利用しないでください。DSaaSの挙動がおかしくなります。

/etc/squid/squid.conf

ホワイトリスト
/etc/squid/whitelist

先頭は「.」要ります。

DSaaSを設定する

DSaaSのインストールは下記に従い行ってください。
http://esupport.trendmicro.com/solution/ja-JP/1110288.aspx

インストール後、有効化を行う前にAgentがProxyを利用できるよう下記のコマンドを実行します。

ここで有効化します。

有効化後、不正プログラム対策を開き、Smart ProtectionのProxyの設定をします。
dsaasproxy01

WebレピュテーションのSmart ProtectionのProxyの設定も同様に行います。
dsaasproxy02

他に、システム設定のプロキシも設定します。

DSaaSの設定は以上で完了。

あとは、ご勝手に。

まとめ

IPが固定できれば問題はなかったのですが、固定できないため以上の方法をとりました。
今後、クラウド環境で外向けも閉じた環境を作る機会が増えると思います。特にエンタープライズな環境とか・・・。

ではでは

前のページ

次のページ

関連記事

  1. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)

    更新アップデートしてたのでPowerMockupのシェイプも更新…

  2. Azure

    Azure App Service Environmentのすすめ。

    はじめにApp Service Environment は仮想ネッ…

  3. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。

    はじめにくどうですオンプレを扱っていた時に慣れ浸しんだ、F…

  4. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。

    はじめにどうも、くどうです。今回は、Microsoft Azure…

  5. Azure

    Azure RemoteAppを使ってみる。Officeが使えますよ!

    はじめにくどうです。事務所はちょっと寒いです。RemoteAppの…

  1. 日記

    さくらVPSのリニューアル
  2. 未分類

    ちょいデキ! 青野慶久
  3. AWS

    意外と知られていないAWS認定試験の合格特典、模擬試験が無料で受けれます。
  4. Azure

    ACS Engineを利用してAzure上にkubernetesをdeploy!…
  5. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27…
PAGE TOP