Azure

Azureで旧インスタンスサイズを利用したい場合

今更、旧インスタンスサイズでVMを立ち上げることもないと思いますが、Azureポータルから旧サイズは利用できないのでCLIで作成します。

旧サイズとは以下です。

VM CreateでVM作成(非管理ディスク)する。

–use-unmanaged-disk の場合はStorage はStandardのみ対応です、

旧サイズを、v3など新しいインスタンスサイズへ変更することはできません。
仕様です。(そもそも旧サイズと新サイズが稼働しているホストが異なるためらしい)
その為、一旦削除してディスクをマウントする方法をとる必要があります。

書いておいて何ですけど、一旦、停止済み (割り当て解除)にしてからだと変更できる仕様っぽいっです。
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/04/15/vmresize/

削除はポータルおよびCLIなど。

OSイメージをマウントする形でVMを作成します。

以上。

関連記事

  1. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

    はじめにくどうです。Diagnostics(診断)設定をす…

  2. Azure

    WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!

    はじめにくどうです。前回のコンテナの基本的な扱いの続きです。今回は…

  3. Azure

    Azure RemoteApp でローカルのドライブを利用する。

    はじめにくどうです。RemoteAppでもローカル(クライアント)…

  4. Azure

    Azure Active Directory の削除方法。それ、ServicePrincipalの問…

    はじめにくどうです。みなさんAzure Active Direct…

  5. Azure

    specializedイメージをもとに仮想マシンを立ち上げるのに便利なテンプレート。

    はじめにくどうです。便利なテンプレートの紹介です。AR…

  6. Azure

    Power BIを使って仮想マシンのパフォーマンスログを確認してみる。

    はじめにくどうです仮想マシンの過去のパフォーマンスログをグ…

  1. 未分類

    LPIC Level3を受験しよう
  2. 日記

    CloudNative Days TokyoでRancherさんの松坂牛を当てる…
  3. 未分類

    P2Vした仮想マシンをHyper-v上でベンチマークテストしてみました
  4. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる
  5. Windows Server 2012

    ThinkITで記事を書いた
PAGE TOP