Tips

PowerShell だけでUDPの疎通確認を行う。

くどうです。
小ネタです。

PowershellだけでUDPの疎通確認を行う方法です。
簡易な感じで疎通確認します。

ローカルホスト
ポート:4000
で待ち受けている場合
TESTというメッセージを送っています。

関連記事

  1. Linux

    PowerShell on Bash on Ubuntu on Windows が簡単に出来るように…

    はじめにくどうです。どうやら、PowerShellがapt…

  2. Linux

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストール時の解像度の変更方法

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストー…

  3. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか

    はじめにくどうです。以下は超メモです。AWSでSysprepは何…

  4. Windows

    WebPI4.0を利用してIIS8.0にWordPressをインストールしよう

    IIS8.0にWordPressをインストールする方法を説明します。…

  5. Linux

    Windows に Bash がやってきた!使えるまでの道のりは長い!

    はじめにくどうですとうとうこの日がやってきました。Wi…

  1. Azure

    Serverless Framework が Azure Functionsをサ…
  2. Azure

    トレンドマイクロさんでLTしてきた。
  3. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Be…
  4. 未分類

    シリアルATA用オプション(メモ)
  5. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。
PAGE TOP