Azure

Azure Kubernetes Service (AKS)で一番最初に試すこと。外部から受け付けるNginxをデプロイする。

はじめに

Azure Kubernetes Service (AKS)で一番最初に試すことということで紹介します。

ドキュメント通り、構築後にアプリケーションをごにょごにょってのも悪くは無いですが、コンテナレジストリ用意してとか面倒なのでnginxをちょっと立てて外部から試したいのが初心者は本音だと思います。あと、ちょっとアクセスしてログを流したいとかインフラ的な要望もあります。

Azure での Kubernetes のチュートリアル - アプリケーションのデプロイ - Azure Kubernetes Service | Microsoft Docs
Azure での Kubernetes のチュートリアル - アプリケーションのデプロイ - Azure Kubernetes Service | Microsoft Docs

この Azure Kubernetes Service (AKS) チュートリアルでは、Azure Container Registry に格納されているカスタム イメージを使用して、複数コンテナーの ...

docs.microsoft.com

そこで、nginxを外部に公開できるようにデプロイするテンプレを紹介します。

テンプレ

テンプレなのでおまじないの様なものです。何も考えずにデプロイしましょう。

手動

一番手っ取り早いのが手動です。

nginxをPodとして2つ立ち上げます。

kubectl create deployment my-nginx --image=nginx --replicas=2

外部接続を受け付けるためにLoadBalancerを付けます。

kubectl expose deployment my-nginx --port=80 --type=LoadBalancer

 

削除はそれぞれを削除

kubectl delete service my-nginx
kubectl delete deployment my-nginx

 

YAMLファイル

YAMLを読み込んでデプロイする方法

kubectl apply -f nginx.yaml

nginx.yaml

apiVersion: v1
kind: Service
metadata:
  name: my-nginx
spec:
  selector:
    app: my-nginx
  ports:
  - protocol: TCP
    port: 80
    targetPort: 80
  type: LoadBalancer
---
apiVersion: apps/v1
kind: Deployment
metadata:
  name: my-nginx
spec:
  selector:
    matchLabels:
      app: my-nginx
  replicas: 2
  template:
    metadata:
      labels:
        app: my-nginx
    spec:
      containers:
      - name: my-nginx
        image: nginx
        ports:
        - containerPort: 80

 

削除する場合は

kubectl delete -f nginx.yaml

まとめ

AKS使う時に簡単に試す場合の方法を紹介しました。

メモです。

-Azure
-