Azure

仮想マシンのUbuntuのKernelをダウングレードする

はじめに

UbuntuのKernelのバージョンをダウングレードする方法を紹介します。

なぜ、ダウングレードするかというと、Azure Site RecoveryでKernelのバージョン指定があるからです。

Support matrix for Azure VM disaster recovery with Azure Site Recovery - Azure Site Recovery | Microsoft Docs
Support matrix for Azure VM disaster recovery with Azure Site Recovery - Azure Site Recovery | Microsoft Docs

Summarizes support for Azure VMs disaster recovery to a secondary region with Azure Site Recovery.

docs.microsoft.com

Kernelをダウングレードしてまで利用するのか考えものですが確認のために行っていきます。

設定

最初にダウングレードしたいバージョンのKernelをインストールします。

以下でインストールできるKernelを確認します。

sudo apt search linux-azure | grep 5.4.0

インストールします。

sudo apt install linux-image-unsigned-5.4.0-1078-azure

 

次に起動するKernelをgrubで指定します。

vi /etc/default/grub

以下を編集します。

GRUB_DEFAULT="Advanced options for Ubuntu>Ubuntu, with Linux 5.4.0-1078-azure"

指定する名前は以下で確認でます。

sudo grep menuentry /boot/grub/grub.cfg

設定をアップデートします。

sudo update-grub

再起動します。

 

カーネルのバージョンを確認しましょう。

uname -a
Linux vm5 5.4.0-1078-azure #81-Ubuntu SMP Mon Apr 25 20:59:03 UTC 2022 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

 

以上でダウングレードは完了です。

まとめ

Kernelのバージョンで利用できない、最新版のKernelで利用できないのはある種の致命的な部分はあるように思いますが、ダウングレードすることで対応します。これが良いか悪いかは別の話です・・・

-Azure
-