Azure

Azureのアラートって簡単にPagerDutyと連携できるんです。そっからSlackとも連携できるんです。ついでにSNS/MMSでも飛んできます。

はじめに

くどうです。
Azureではアラートの設定がポータルから設定が簡単に行えます。
しかもWebhook対応してるんです。

そこで、webhookで対応可能なPagerDutyを使って連携、さらにSlackとも連携させていきたいと思います。
そんでSNS/MMSにも飛んできます。

事前準備

PagerDutyのアカウントは取得しておいてください。
Azureで仮想マシン(Win)をデプロイしておいてください。
SlackはアカウントとChannelを作成しておりてください。

PagerDutyの設定

Servicesの画面にいきます。
pd01

Integration Type で Microsoft Azure Alerts(bata)を選択します。
pd02
Nameは適当につけます。
[Add Service]にて追加します。

webhookのURLを取得します。

Integration Settingsの Integration URL をコピーします。
pd03

以上でPagerDuty側の設定は完了です。

Azureでアラート設定

例としてCPUが5分間50%以上でアラートは上がるように設定します。
pd04

以上で設定完了です。
簡単でしょ。

アラート試験

負荷ツールを使ってCPUに負荷をかけます。
https://blogs.msdn.microsoft.com/vijaysk/2012/10/26/tools-to-simulate-cpu-memory-disk-load/
pd05

しばらく待ちます。

Incidents に上がってきます。
pd06

これでアラートが飛んでくることが確認できました。
次にSlackとも連携してみます。

Slackの設定

チャンネルを選択します。
pd07

メニューを開き「Apps&Custom Integrations」を開きます。
pd08

PagerDutyを検索します。
pd09

「Configure」を選択します。
pd10

アラートをあげたいチャンネルを選択します。
pd11

設定方法が出てきます。
pd12

「Incidents to monitor」の項目は全部チェックいれます。
pd13

Slackの設定はここまで。

PagerDutyでWebhooksの設定

「Add webhook」を押下しSlackのWebhookのURLを貼り付け保存します。
pd14
以上で設定は完了です。

アラート試験 その2

負荷をかけ、Slackにアラートが飛んでくることを確認します!
pd15

きたきた!

解決したらそれも飛んできます。
pd15_2

ついでに、最初に電話番号と登録しておくとiPhoneではSMS/MMSでもアラートを受け取ることができます。
pd16

おわりに

Azureで運用を考えている方はPagerDutyも考えてみてはいかがでしょう。
メールでもアラートを受け取ることはできますが、PagerDutyを利用しアラートを集約することで運用が楽になるのではないでしょうか。
設定が簡単で連携が素早くとても便利だと思います。
また、仮想サーバーに限らずAzure SQLサーバーなども対応なので主要サービスは大丈夫かなとおもいます。

ではでは

Related post

  1. Azure

    Azure Storage にTime Machine でバックアップをする方法

    Macbook 買ったのでバックアップしましょう。と、いうことでA…

  2. Azure

    System Center Management Pack for Microsoft Azure …

    はじめにくどうです最新SCOMと戯れることが多くなったので…

  3. Azure

    PowerMockupのAzure Icon Setを更新(ver2.5)

    更新アップデートしてたのでPowerMockupのシェイプも更新…

  4. Azure

    Azure Sphere MT3620 始めました。サンプルアプリがとりあえず動くまで編。

    はじめにMicrosoftがセキュリティ確保を目的に発表したIoT…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    MCP70-532を受験してきた。
  2. Azure

    Active DirectoryをASMからARMに移行する方法を考える。
  3. Azure

    Windowsの仮想マシンを作成時に拡張機能を追加できます。
  4. Azure

    Microsoft MVP for Microsoft Azure を受賞しまし…
  5. Azure

    MCP 70-534 Architecting Microsoft Azure …
PAGE TOP