Azure仮想マシンでSSHのキーペアをポータルから生成できるようになりました。

はじめに

Azure仮想マシンでもポータルからキーペアを生成できるようになりました。
その紹介です。

SSHキーの3種類の設定方法

SSHキーを設定する方法が3つに増えました。

新しいキーペアの生成

名前を指定して自動作成されます。

この場合、最後の仮想マシンを作成するときにダウンロードするか聞いてきます。PEMでダウンロードされます。

Azureに格納されている既存のキーを使用する

これは既存のキーを利用する場合に選択します。

既存の公開キーを使用

これはローカルにあるキーペアを利用する場合です。これまでもあった手法です。

SSHキーが保存される場所

SSHキーは作成した仮想マシンと同じリソースグループにあります。

ココから削除します。利用中のキーであっても削除はできます。

開くと公開キーがペロって見えるので心理的にドキッとするしますが・・・

まとめ

これまで何故に無かったか不思議なぐらいなのです。AWSにはEC2ができたころから有ったので良かったのですが、Azureにはやっと実装された感があります。ただSSHキーを管理する場合、一つのリソースとして管理する必要があるためちょっと、一括して管理するには面倒な感じもします。今後、ここら辺も改善されていくかと思います。

Azurekey,ssh

Posted by jkudo