Azure

Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。

はじめに

くどうです。

ちょっと、Azureで仮想マシンのDiagnosticsのログ眺めてたら気づいたのでメモ。
今のところLinuxのログについてのみです。

フォーマット比較

LinuxCpuVer2v0だけです。それしか見れなかった。

古い方
log
新しい方
log2

何が変わったか
・カラムDeploymentIdが増えてる
・RowKeyのフォーマットが変わった

何時変わったのか
わかりません(w

これによって何が影響するのか
・独自にログを参照し、監視など行っている場合見れなくなる可能性がある

おわりに

実は本家のポータルからLinux系(CentOS、Redhat、Debian、Ubuntuなどなど)のグラフも表示されないし、アラートも飛ばなくなってるヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
たぶん監視できる項目とか増やしアップデートを行ったために整合性取れなくなってるんだと思うけど、Azureのアラートは便利なので早く直ること期待。
やっぱZabbixとかで独自に監視している人が多いのかなぁ

ではでは

関連記事

  1. Azure

    Azure App Service EnvironmentにWordPressを展開する方法

    はじめにAzure App Service Environment…

  2. Azure

    Serverless Meetup Sapporoで話てきた。

    はじめにくどうです先日12/11に札幌でServerles…

  3. Azure

    WindowsコンテナでWebサーバー!IISだって動きます!

    はじめにくどうです。前回のコンテナの基本的な扱いの続きです。今回は…

  4. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かもよ。

    はじめにくどうです。前回の投稿では概要だけ説明しました。Azur…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 未分類

    シスタン きたみりゅうじ
  2. AWS

    DatadogのCloud FunctionsでLambdaのパフォーマンスを確…
  3. Linux

    Windows に Bash がやってきた!使えるまでの道のりは長い!
  4. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。これでAWSからも移行できますね。
  5. Azure

    Power BIはモテると誰かがいっていたのでOMSのデータを表示させてみる。
PAGE TOP