AWS

パソコン同士をVPNで接続する方法(お気に入りツールの紹介)

はじめに

くどうです

パソコン同士をVPNで接続する場合が多くあります。
例えば、メンテナンス用のパソコンをリモートで接続したいとか裏口をつくるとかwwww

今回は個人的に利用しているVPNソフトをご紹介します。

Splashtop

vpnapp01

http://www.splashtop.com/

Splashtopはフリーもしくは有料のものがあります。
フリーだからといって制限があるわけではありません。

機能としては、VPN+リモートデスクトップです。

SplashtopはMACやWindowsでも利用可能です。
また、iPhone、Android、Kindleなどでも利用可能です。

操作する側には、Splashtop Personalを導入します。
操作したい側には、Splashtop Streamer を導入します。

vpnapp02

個人てきにも、昔から利用しているVPNソフトです。
認証が必要になりますが、一度認証を行ってしまうとLAN内ではローカルアドレスを利用して通信を行います。
そのため。レスポンスがよく家の端末には基本はいります。

また、ルータやFWのポリシーでアウトバウンドの設定がなければ変更することなく利用できます。

Pertino

vpnapp03

http://pertino.com/

Pertinoもフリーで利用することができます。
ただし、3台までしか利用できません。

機能はVPNのみ、接続確立後リモートデスクトップなどで接続が必要です。
対応している端末は複数あります。
vpnapp04

転送効率が良く、クラウド間通信を目的として作られたソフトです。
このソフトも自宅のパソコンに導入しています。

その他

その他にも
・Windows標準で利用できるVPN(L2TP/IPsec、PPTP)
SoftEther VPN オープンソース版
VPN Azure サービス
なども無料で利用できます。
複数を組み合わせてバックアップとするのもよいかともいます。

また。最近ではコンシューマー向けルータでもVPN機能を持っているものがあります。
それらを利用するのもよいかと思います。

まとめ

今回は自分が利用しているVPNのソフトを紹介しました。もともと自宅サーバーを外部から扱う必要があったためVPNソフトを多く導入しいました。
複数のVPNセッションを張ることと、リモートデスクトップとVNCの両方を導入しバックアップとするなど冗長化をお勧めします。

ではでは

Related post

  1. AWS

    とりあえず構築!Ansible Tower !何をするかは構築した後に考える。

    はじめにくどうです。みんな大好き(かもしれない)Ansib…

  2. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27)

    はじめにくどうです。AWS/Azure/GCP クラウド各…

  3. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  4. AWS

    Microsoft BizSpark がAWSで使えるらしい

    記事は古いですが、BizSparkのライセンスをAWSに持ち込むことが…

  5. Azure

    Azure AppService (WebApps)で Sendmailを利用する方法。これでSen…

    はじめにくどうです。Linuxではsendmailが重宝さ…

  6. Windows

    SQLServerで必要なポートをあける。コピペでどーん。

    はじめにくどうです。メモです。コピペ…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Linux

    Ubuntu 18.04 on windows subsystemが消せない。
  2. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。
  3. Azure

    AKS ( Kubernetes ) のPod からログをFilebeat を使…
  4. TED

    TEDxSapporo Salon Vol.5 に参加してきました。
  5. Azure

    App Service (Web Apps) でPerl CGIを動作させる。立…
PAGE TOP