Azure

Serverless Meetup Sapporoで話てきた。

はじめに

くどうです

先日12/11に札幌でServerless Meetupが行われ、地元開催ということで参加し、LTを行ってきました。
https://serverless.connpass.com/event/43745/
余談
札幌は猛吹雪で、羽田空港から新千歳空港までの便が大幅3時間以上遅れて到着、ひどい目にあいました。
serverlessmeetupsapporo01

札幌市内も雪がひどかったです。まいったまいった。
serverlessmeetupsapporo02

本投稿はServerless Advent Calendar 2016 ネタです。
http://qiita.com/advent-calendar/2016/serverless

喋ったこと

Operation and Monitoring by Azure Bot Service.
Azure Bot Serviceを利用して運用監視を行うという内容です。

Bot Service は Azure Functionsが利用されておりFunctionsを中心にServerlessな運用監視が可能となります。
最初は、Functionsのみで行おうと考えていましたが、Botを利用したら面白そうなものできるのではと・・・安易な考えで。

Functionsで行えることもBot Serviceでは使えなかったり制限があり・・・その為、失敗談になります。

内容は運用系のサービス
・Datadog
・pagerduty
を起点とし、SlackをBot Service と連携するというものです。
しかし、Functions単体では各サービスを連携することは可能ですが、Bot Serviceを連携を前提にすると失敗したという話です。

資料はSlaideshareにアップロードしています。

Operation and Monitoring by Azure Bot Service from Jun Kudo

togetter:Serverless Meetup Sapporo
http://togetter.com/li/1058343

まとめ

Bot Serviceはまだプレビューなので改善されていくことを祈っています。
今回、Serverless Meetupではやはり主流はAWS Lambdaになります。Azure Functionsは、まだまだ開発者も少なく大変な印象でした。

ではでは

Related post

  1. AWS

    お気軽にSlackで死活監視してみる

    はじめにくどうですお気軽にSlackで死活監視。疎通確認が行え…

  2. AWS

    超メモ:cloud-initでgrowpartを利用する場合の注意

    はじめにくどうです。超メモです。これは、ハマリました。だってc…

  3. Azure

    Azure Cloud Shell のユーザーを確認してみる。それでもrootが欲しい。

    rootにはなれません。アカウントのパスワードを入力しても無駄でし…

  4. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて

    はじめにくどうです。Diagnostics(診断)設定をす…

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

  1. Azure

    Windows Server で Windows コンテナが動くんです!ちょっと…
  2. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  3. 未分類

    テーマを変更
  4. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
  5. Azure

    Azure Cloud Shell にインストールされているものを確認。vimも…
PAGE TOP