未分類

CentOSにHinemosをインストールする方法(4) クライアント編

「CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編」に引き続き
運用管理端末にクライアントをインストールします。

ココからダウンロード
http://sourceforge.jp/projects/hinemos/

HinemosClientInstaller-2.4.0.msi
をインストールします。

次に運用管理監視サーバのマネージャ、およびエージェントが立ち上がっていることを確認してください。

HimemosClientを立ち上げます。
Hinemos 起動画面

ログイン画面が表示されます。
ログイン画面

ユーザID: hinemos
パスワード: hinemos
接続URL: jnp://192.168.254.60:1099
ユーザIDとパスワードは初期設定です。

ログインできた場合。
ログイン完了画面

初期画面
初期画面

ココまで表示されればインストールは成功しています(と思います・・・)。

次回は対象のノードの追加など設定部分をみていきます。

つづく

関連記事

  1. 未分類

    Project Looking Glass 1.0のリリース(後編)

    さて、今回は後編として使えそうな機能はないのか、検証していきたいと思い…

  2. 未分類

    drbdのインストール

    LOCALインフラ部の勉強会で聞いたり、SoftwareDesign6…

  3. 未分類

    Karesansuiのインストール方法

    HDEが公開したオープンソースなサーバー仮想化管理ソフトウェア「Kar…

  4. 未分類

    仮想化技術ってつかえるの?

    一台のサーバに複数のOSをいれちゃって物理リソースを共有しちゃう技術で…

  5. 未分類

    LPIC Level3を受験しよう

    LPIC Level3を受験します。せっかくLevel2を持っ…

  1. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  2. Azure

    Azure Load Balancerと Azure Application G…
  3. Tips

    MacからWindowsへのリモートデスクトップした場合の日本語キーボード問題、…
  4. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  5. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベ…
PAGE TOP