未分類

CentOSにHinemosをインストールする方法(3) エージェント編

「CentOSにHinemosをインストールする方法(2) マネージャ編」に引き続き
運用管理監視サーバにエージェントをインストールします。
監視対象にインストールするのがエージェントです。

公開されているエージェントは、 RHEL4、RHEL5、Win2003 R2、Win2000 Server があります。
マネージャでは、RHEL4用を使いました。
エージェントでは、CentOS5.1ということでRHEL5用を使うことにします。
(08/05/18 バージョン2.4)

インストールにはNET-SNMPが必須となります。
先に net-snmp、net-snmp-utilsをインストールしておきます。
# yum install net-snmp net-snmp-utils

snmpの設定は省略します。
とりあえず誰でもアクセスできるようにしておきます。

次にエージェントをダウンロードします(hinemos_agent-2.4.0_rhel5_32.tar.gz)。
# wget http://osdn.dl.sourceforge.jp/hinemos/30266/hinemos_agent-2.4.0_rhel5_32.tar.gz
# tar zxvf hinemos_agent-2.4.0_rhel5_32.tar.gz

インストールします。途中jreがインストールされます。
# ./agent_installer_JP.sh

###################################################################
### ###
### 運用管理ソフトウェア Hinemos エージェント ###
### インストーラ Ver 2.4.0 ###
### ###
### Copyright (C) 2006-2008 NTT DATA Corporation. ###
###################################################################
Hinemos エージェント の
1) インストール
2) アンインストール
9) インストーラの終了

===> 1

エージェントセットアップを行います。

インストールを開始します。よろしいですか?(Y/N)
y

/etc/hosts のチェックを行います。
OK

パッケージチェックを行います。

インストールされているnet-snmpパッケージが、推奨バージョンと異なっている可能性があります。
現バージョン : net-snmp-5.3.1-19.el5_1.4
推奨バージョン : net-snmp-5.3.1-19.el5 以降

インストールされているnet-snmp-libsパッケージが、推奨バージョンと異なっている可能性があります。
現バージョン : net-snmp-libs-5.3.1-19.el5_1.4
推奨バージョン : net-snmp-libs-5.3.1-19.el5 以降

推奨バージョン以降がインストールされている場合は問題ありません。
詳細はインストールマニュアルを参照ください。

推奨バージョンをインストールする場合は、エージェントのインストールを中止し、実施してください。
その後、エージェントインストールを再実行して下さい。

インストールを続けますか?(Y/N)
y

警告:一括制御機能を全て使用するには以下のパッケージを別途インストールする必要があります。
expect

詳細についてはインストールマニュアルを参照してください。

インストールディレクトリ /opt/hinemos_agent の確認を行います。
インストールディレクトリ /opt/hinemos_agentは存在しません。作成します。
mkdir -p /opt/hinemos_agent

マネージャのIPアドレスを入力してください:192.168.254.60
192.168.254.60 でよろしいですか? (Y/N default:Y)

必要なファイルのコピーを開始します。
必要なファイルのコピーが終了しました。

JREのインストールをおこないます。

Sun Microsystems, Inc. Binary Code License Agreement

・・・省略・・・

For inquiries please contact: Sun Microsystems, Inc., 4150
Network Circle, Santa Clara, California 95054, U.S.A.
(LFI#143333/Form ID#011801)

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
Unpacking…
Checksumming…
0
0
Extracting…
UnZipSFX 5.42 of 14 January 2001, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
creating: jre1.5.0_09/
creating: jre1.5.0_09/bin/
inflating: jre1.5.0_09/bin/java

・・・省略・・・

Creating jre1.5.0_09/lib/javaws.jar
Creating jre1.5.0_09/lib/deploy.jar

Done.

Net-SNMPのセットアップを行います。
/etc/init.d/snmpd restart
snmpd を停止中: [失敗]
snmpd を起動中: [ OK ]

syslog-ngのインストールを行います。
警告:syslog-ngは既にインストールされています。
インストールマニュアルを参照し、設定を変更してください。

Hinemosエージェントをインストールしました。

Hinemos エージェント の
1) インストール
2) アンインストール
9) インストーラの終了

===> 9
Hinemosエージェント インストーラを終了します。

これでインストールは終了です。

次にエージェントを起動してみます。
# cd /opt/hinemos_agent/bin/
# ./agent_start.sh
Agent started
# ./log_agent_start.sh
Log Agent started

無事起動できれば問題なし・・・

次回は、クライアントを運用管理端末となるWindwsのクライアントにインストールします。

つづく

関連記事

  1. 未分類

    テーマを変更

    Atahualpaってのに変更してみた。すげーや、いろいろカスタマイ…

  2. 未分類

    drbdのインストール

    LOCALインフラ部の勉強会で聞いたり、SoftwareDesign6…

  3. 未分類

    バックアップを取りましょ その2 (SystemRescueCDでバックアップ)

    バックアップを実際に行うわけですが対象は丸ごとです・・・ディザスタ・…

  4. 未分類

    TeraStationが故障したときにバックアップを復元する方法

    注意!!下記の作業を行ってデータ吹っ飛んでも責任はもてないよ。そこんと…

  5. 未分類

    バックアップを取りましょ その3 (SystemRescueCDでリストア)

    今回は、「バックアップを取りましょ その2 (SystemRescue…

  1. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  2. AWS

    AWS SSOを削除したらDirectory Serviceでディレクトリを削除…
  3. Linux

    Cactiでグラフに日本語が表示されないときの対処方法
  4. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。
  5. Azure

    Diagnosticsのログフォーマットが変わってた。だから・・・注意してね。
PAGE TOP