Azure

Power BIはモテると誰かがいっていたのでOMSのデータを表示させてみる。

はじめに

くどうです。

Power BIはモテると誰かが言っていたのでOMSのデータを表示させてみたいと思います。

・・・いや、タイトルは釣りですよ。

元ネタは、「Inside the Microsoft Operations Management Suite [e-book]」になります。
https://gallery.technet.microsoft.com/Inside-the-Operations-2928e342
よくできたOMSのe-bookなので一読するとよいと思います。

資料の中で、PowerBIとの連携について書かれています。
これを参考に進めていきます。

OMSはセットアップされ、ログが収集できていることが前提です。

OMSの設定

1、OMSポータルからSettingsを開きます。
2、ACCOUNTSをクリックします。
3、Connect to Power BI Account をクリッ・・・なぃぞ?

omsexcel01

Coming Features
Power BI Integration. Enables visualization of your OMS data in your Power BI subscription.

あわわ…まだ使えませんでした。
では、Power BIでどのように表示させるか。

OMSではCSVでの出力をサポートしています。
では、Logの分析を行ってみましょう。

OMSのログエクスポート

Sarch > Log Manegment > All Events を開きます。
EXPORTをクリックします。
omsexcel04

エクスポートはこれで完了。
次に、Power BIに取り込みます。

Power BIで視覚化

Power BIにログインします。
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/

CVSを取り込むため「ファイル」をクリックします。
omsexcel02

ファイルの取り込み先「ローカル」を指定し取り込みます。
omsexcel03

インポート完了したら、取り込んだCSVをクリックします。
omsexcel05

試しに、ログの内Warning、Errorの割合を円グラフで確認してみましょう。
取り込んだCSVでレベルはEventLevelNameを参照します。

視覚化で円グラフを選択、凡例にEventLevelName、値にEventLevelNameを指定します。
omsexcel06

一瞬でグラフが出来上がってきます。
omsexcel07

これでモテるようになるかな?

まとめ

OMSはログ分析では強力なツールです、SCOMとの連携も行えます。また、Power BIもデータを可視化しレポートするのに強力なツールです。
OMSについては、今後Power BIと直で連携が行えるようになり、Power BIでほぼリアルタイムなデータを可視化できるようになると期待しつつ待ってます。

ではでは

関連記事

  1. Azure

    「バルス!」 Vuls祭り#1に行ってきた。

    しゃべってきたくどうですVuls祭り#1に行ってきました。…

  2. Azure

    Azureで旧インスタンスサイズを利用したい場合

    今更、旧インスタンスサイズでVMを立ち上げることもないと思いますが、A…

  3. Azure

    Azure Application Gateway 上でLet’s Encryptの証明書ファイルを…

    はじめにくどうです。証明書の更新は簡単です。ついでにLet…

  4. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  5. 運用

    SCOMでWebコンソールのタイムアウトを無効にする方法

    くどうです。メモです。SCOMでWebコンソールのタイムアウトを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. AWS

    DatadogのCloud FunctionsでLambdaのパフォーマンスを確…
  2. 未分類

    お知らせ せきゅぽろナイトセミナー#3 やります
  3. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール…
  4. Azure

    Diagnostics(診断)設定をする場合のストレージについて
  5. Azure

    Azure Monitor とBacklogを連携してアラートを課題登録する。
PAGE TOP