Linux

CPU負荷テストで単調なグラフだとつまらないので、正弦波っぽくするスクリプトを作ってみた。

stressコマンドで負荷テストをしても、高負荷で単調なグラフしかできないため、面白くないと感じていました。そこで、正弦波のように負荷のグラフが出力されるような(雑な)スクリプトを作成ました。

必要なものはstress-ngだけです。

変数の説明
#stress count 山の数(繰り返す回数)
#time interval(sec) 負荷をかける時間
#stress interval (1,2,5,10,20,25,50) 一度に上昇、下降する負荷(%)

上記でできるグラフがこれです。全然、正弦波じゃないじゃん!って突っ込みは却下します。

できたグラフはカクカクしてますが調整すればキレイなグラフができると思います。
時間なかったため行っていません。

関連記事

  1. AWS

    Deep Security as a Service (DSaaS)でProxyを利用する場合の注意…

    はじめにくどうです。DSaaSをProxyを使用する場合の…

  2. Azure

    Power BIはモテると誰かがいっていたのでOMSのデータを表示させてみる。

    はじめにくどうです。Power BIはモテると誰かが言って…

  3. Linux

    WindowsでSLを走らせる。その他も。

    はじめにくどうです。WindowsでBashがつかえるよう…

  4. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

    はじめにくどうです。例えば、Azureで仮想マシンを使って…

  5. その他

    JMeterでタコ殴りにしたけどエラーが出る場合の対処。とりあえずポートを増やせ。

    今回は、軽い感じで1台のLinux上のJMeterでALBをタコ殴りに…

  6. Azure

    elasticsearch + kibana を5分ぐらいで構築する。

    くどうです。Azure上にelasticsearchを5分で構…

  1. Azure

    Azure で Kubernetes を 複数の可用性セットとLoad Bala…
  2. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
  3. 未分類

    0X8024d007 Windows Updateができない
  4. Tips

    MacからWindowsへのリモートデスクトップした場合の日本語キーボード問題、…
  5. Azure

    Azure Sphere MT3620 始めました。サンプルアプリがとりあえず動…
PAGE TOP