Linux

CPU負荷テストで単調なグラフだとつまらないので、正弦波っぽくするスクリプトを作ってみた。

stressコマンドで負荷テストをしても、高負荷で単調なグラフしかできないため、面白くないと感じていました。そこで、正弦波のように負荷のグラフが出力されるような(雑な)スクリプトを作成ました。

必要なものはstress-ngだけです。

変数の説明
#stress count 山の数(繰り返す回数)
#time interval(sec) 負荷をかける時間
#stress interval (1,2,5,10,20,25,50) 一度に上昇、下降する負荷(%)

上記でできるグラフがこれです。全然、正弦波じゃないじゃん!って突っ込みは却下します。

できたグラフはカクカクしてますが調整すればキレイなグラフができると思います。
時間なかったため行っていません。

関連記事

  1. 運用

    Terraform Cloud でState ファイル (tfstate)を管理する。

    はじめにTerraform Cloud が登場しました。htt…

  2. Linux

    超メモ:Zabbixの外部チェックでrubyスクリプトを動かす時のポイント

    くどうですrubyをrbenvでインストールした場合、アクセス権の…

  3. 運用

    SCOMでWebコンソールのタイムアウトを無効にする方法

    くどうです。メモです。SCOMでWebコンソールのタイムアウトを…

  4. Azure

    Azure仮想マシンでメトリクスを取得する3つの方法。

    はじめにAzureには複数のメトリクス取得方法があります。最初…

  5. その他

    JMeterでタコ殴りにしたけどエラーが出る場合の対処。とりあえずポートを増やせ。

    今回は、軽い感じで1台のLinux上のJMeterでALBをタコ殴りに…

  6. Linux

    WindowsでSLを走らせる。その他も。

    はじめにくどうです。WindowsでBashがつかえるよう…

  1. 未分類

    Karesansuiのインストール方法
  2. Azure

    Azure Active Directory のBasic とかPremium …
  3. Azure

    Azure Kubernetes Service (AKS)でknativeを動…
  4. 未分類

    Windows Server “Longhorn” Beta 3 をインストール…
  5. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
PAGE TOP