Alibaba CloudでWordPressを動かしてみる。Elastic Compute Service + Server Load Balancerで構成する。

はじめに

前回は一台のElastic Compute Serviceで構成しました。これだけでは直接サーバーへアクセスすることになります。
そこで、Server Load Balancerを設置し拡張します。そしてSSL化も行います。

構成は下記のようになります。

前回の確認

Elastic Compute Serviceを使ってWordpressを立ち上げるまでは下記を参考してください。

Server Load Balancerの設定

Server Load Balancerを開きます。SLBの作成を開きます。

環境に合わせてリージョンを選択します。今回はECSがある日本を選択します。
インスタンス名を任意の名前を入力します。

スペックはトラフィックに合わせて選択します。
今回は全くないのでSmallを選択しています。
リソースグループを選択します。

内容確認して同意します。
ディスカウント効いてますね。たまにこういうディスカウントがあるのがAlibaba Cloud。

起動後は一覧に表示されます。
対象のSLBを開きます。

リスナーを追加します。

今回はSSL化も行うのでHTTPSを選択します。
ポートは443を入力します。

SSL証明書を設定します。
Alibaba Cloudでも証明書は発行できますが、無料のLet’s Encryptを利用しています。

ちなみに著者は証明書発行にココをよく利用しています。

Let’s Encryptを利用するのでサードパーティの証明書のアップロードを選択します。
公開鍵証明書をコピペするかアップロードします。フルチェインの証明書をアップロードする必要があります。
秘密鍵もアップロードします。

アップロードが完了すると前画面に戻ってきます。

バックエンドサーバーを設定します。VServerグループを作成します。

追加を開き一覧から選択します。

ポートを入力します。バックエンドは80です。

追加後は一覧に表示されます。

ヘルスチェックはそのままです。

確認後、作成します。

完了です。

一覧に追加されます。

DNSは事前に設定しておきます。

SLBのIPアドレスをレコードに設定します。

確認

httpsでアクセスしてみると表示が崩れます。

そこで先ず、直接httpでECSへアクセスし設定を開きます。

httpsにアドレスを変更します。

設定後は何も表示されずアクセスできなくなります。
気にしないでください。

次に、対象ECSにSSHで接続しwp-config.phpの設定を行います。
最後の行を下記のように変更します。

この設定を行わないと正しく表示されません。

再度確認し問題なく表示されることを確認します。

(上手くできなかった場合は直接DBを設定する必要があるので面倒です)

まとめ

Server Load Balancerを追加してWordpressをSSL化しました。
簡単にSSL化を行えるので利用すると良いと思います。
Wordpressに限らずSLBは頻繁に利用するので触っておくと良いでしょう。