Azure

Azure 仮想ネットワーク内に IPv6 デュアル スタック アプリケーションをデプロイする - その続き

はじめに

ドキュメントにIPv6を利用する方法の1つとしてチュートリアルが公開されています。

ただし、構築後の手順が書かれていないため補完したいと思います。

 

Azure 仮想ネットワーク内に IPv6 デュアル スタック アプリケーションをデプロイする

IPv6 デュアル スタック アプリケーションのデプロイ - Standard Load Balancer - CLI | Microsoft Docs
IPv6 デュアル スタック アプリケーションのデプロイ - Standard Load Balancer - CLI | Microsoft Docs

この記事では、Azure CLI を使用して Azure 仮想ネットワーク内に IPv6 デュアル スタック アプリケーションをデプロイする方法を説明します。

docs.microsoft.com

 

構築自体は、CLI、Powershell、ARMテンプレートのチュートリアルが公開されているので問題ないと思います。コピペでいけます。

ただし、最後にポート80をLBで開けているのにそこからの手順がありません。仮想ネットワークを確認しているだけです。

IISを構築

これらの手順に含まれていないものはIISの構築になります。

構築したVMにはリモートアクセス用のNICが接続されます。これらにはパブリックIPアドレスが用意されており、ここからアクセスします。

  • dsNIC0 (dsVM0_remote_access)
  • dsNIC1 (dsVM1_remote_access)

それぞれのIPを確認してリモートデスクトップでログインします。

VMログイン時のユーザー名は、作成者の性になるようです。分からない場合はSSHの接続を確認するとユーザー名を確認できます。

では、dsVM0にリモートデスクトップで接続します。

IISを導入します。

同様にdsVM1でもIISを導入します。

dsNSG1の許可ルールを変更する必要があります。

ソースポートの範囲が80に設定されていますが * に変更します。

これはLBからの送信ポートが80に限定されていないためです。

これでIPv4側の準備は整いましたのでLBにアクセスしてみましょう。

アクセス出来たら問題ないと思います。

次にIPv6のアクセスも設定します。

今回は 2a01:111:f100:2000::a83e:33cc というパブリックIPv6が割り当てられています。

どうようにブラウザから http://[2a01:111:f100:2000::a83e:33cc]/ でアクセスします。

IPv6の場合には[]を付けます。

以上で確認の完了です。

今回はあくまでもIPv6で公開することを目的としています。そのためNSGで80ポートを開放していますがセキュリティ上、VM単体をインターネットに公開しているのは好ましくありません。

まとめ

今回は、IPv6のチュートリアルのその続きを書いてみました。IPv6で公開する方法を確認しました。

意外と、このようなチュートリアルが多く存在します。機会があったらまた紹介したいと思います。


							

-Azure
-,