Azure

DynatraceでAzureを監視してみる。App Serviceとインテグレーションしてみる。

はじめに

DynatraceでAzure App Serviceを監視してみたいと思います。App Serviceを監視するためにはインテグレーションする必要があります。そのためOneAgentをインストールする必要があります。

Integrate OneAgent on Azure App Service | Dynatrace Docs
Integrate OneAgent on Azure App Service | Dynatrace Docs

Learn how to install, configure, update, uninstall, and troubleshoot OneAgent for monitoring Azure A ...

www.dynatrace.com

前提条件

App Serviceは事前に構築されていること

OSはWindowsのみ対応です

Dynatraceはアカウント登録済みであること

インテグレーション

インテグレーションを行うためには

  1. App Service用のトークンの取得、Environment IDの確認
  2. App Serviceへ拡張機能をインストール

の順で行います。

トークンの取得、environment IDの確認

上記のDynatraceのデプロイをクリックし、Start installationを開きます。

OneAgentのダウンロード画面を表示します。

Azure Web Appsをクリックします。

Environment IDの確認を確認します。

トークンは名前を入力してから作成します。

トークンを作成します。

これらの情報はメモしておきます。

拡張機能をインストール

App Serviceの拡張機能を開きます。

追加からDynatrace OneAgentを選択します。法律条項に同意します。

インストールします。

インストールを確認して詳細を開きます(名前をクリック)

詳細を開き、参照をクリックしてOneAgentをインストールします。

メモを取ったEnvironment IDとトークンを入力します。

インストールします。OneAgentの本体がインストールされ、Dynatraceとインテグレーションされます。

インストール完了後はApp Serviceを再起動する必要があります。

インテグレーションの確認

最初にサービスを確認してみます。

App Serviceが登録されていることを確認します。

ホストでも実ホストを確認できます。

名前はAzureで自動的に割り当てらるものなので変更できません。Azure側ではDiagnostic Toolsでも確認できます。

これでインテグレーションは完了です。

まとめ

今回は、App Serviceのインテグレーション方法を紹介しました。ここから様々な情報を取得してアプリケーションの改善などに役立てていくことになると思います。

 

-Azure
-,