Linux

Ubuntu 22.04 LTS にアップグレードする方法

はじめに

Ubuntu 22.04 LTSがリリースされ利用できるようになりました。そこで、既存の環境からアップグレードする方法を紹介します。

例えばAzureなどのクラウド環境では20.04を利用しているケースが多いと思います。これをアップグレードします。

追記:アップグレードバスについて修正しています。

アップグレードパス

アップグレードパスはバージョンによって異なります。バージョンアップはAzure環境で行っています。

  • Ubunut 18.04 LTSの場合
    • Ubuntu 20.04 LTSにアップグレードしてから21.10にアップグレードする。最後に22.04にアップグレードする
  • Ubutnu 20.04 LTSの場合
    • Ubunut 21.10にアップグレードしてから22.04にアップグレードする直接22.04にアップグレードできます
  • Ubunut 21.10の場合
    • Ubunut 22.04にアップグレードする

アップグレードは段階を踏んで行う必要があります。

設定この設定は必要ありません

アップグレードを行う前に以下のファイルを設定します。すべてのバージョンで共通です。

/etc/update-manager/release-upgrades
# Default behavior for the release upgrader.

[DEFAULT]
# Default prompting and upgrade behavior, valid options:
#
# never - Never check for, or allow upgrading to, a new release.
# normal - Check to see if a new release is available. If more than one new
# release is found, the release upgrader will attempt to upgrade to
# the supported release that immediately succeeds the
# currently-running release.
# lts - Check to see if a new LTS release is available. The upgrader
# will attempt to upgrade to the first LTS release available after
# the currently-running one. Note that if this option is used and
# the currently-running release is not itself an LTS release the
# upgrader will assume prompt was meant to be normal.
Prompt=lts
Prompt=normal

に変更します。

アップグレード

アップグレードを行う前に事前にパッケージのアップデートを行います。

sudo apt update
sudo apt upgrade

update-manager-coreをインストールします。これでディストリビューションをアップグレードを行います。

sudo apt install update-manager-core

Azureの仮想マシンの場合にはもともとインストールされています。

Ubuntu 18.04 LTSからUbuntu 20.04 LTSのアップグレード

アップグレードは下記のコマンドで行います。

sudo do-release-upgrade

アップグレード中になんどか質問が対話式であります。

適当で答えて進めます。

既存の設定などはそのままで進めます。

完了後にリブートされます。

再ログイン時にバージョンが表示されるのでUbuntu 20.04 LTSにアップグレードされていることを確認します。

次にUbuntu 20.04 LTSからのアップグレードに進んでください。

Ubuntu 20.04 LTSからUbuntu 21.10のアップグレード

アップグレードは下記のコマンドで行います。

sudo do-release-upgrade

アップグレード中になんどか質問が対話式であります。

適当で答えて進めます。

既存の設定などはそのままで進めます。

完了後にリブートされます。

再ログイン時にバージョンが表示されるのでUbuntu 21.10にアップグレードされていることを確認します。

次にUbuntu 21.10からのアップグレードに進んでください。

Ubuntu 21.10Ubuntu 20.04 からUbuntu 22.04 LTSのアップグレード

アップグレードは下記のコマンドで行います。上記とは異なり -d が必要です。

sudo do-release-upgrade -d

アップグレード中になんどか質問が対話式であります。

適当で答えて進めます。

既存の設定などはそのままで進めます。

完了後にリブートされます。

再ログイン時にバージョンが表示されるのでUbuntu 22.04 LTSにアップグレードされていることを確認します。

Welcome to Ubuntu 22.04 LTS (GNU/Linux 5.15.0-1003-azure x86_64)

* Documentation: https://help.ubuntu.com
* Management: https://landscape.canonical.com
* Support: https://ubuntu.com/advantage

System information as of Fri Apr 22 16:45:38 UTC 2022

System load: 0.19921875 Processes: 133
Usage of /: 6.7% of 28.90GB Users logged in: 0
Memory usage: 3% IPv4 address for eth0: 172.17.0.4
Swap usage: 0%

0 updates can be applied immediately.

まとめ

Ubuntuのアップグレードの方法は非常に簡単です。ただし本番機でのアップグレードは推奨しません。検証環境だけにしましょう。

行う場合でも、アプリの動作など念入りに検証したうえでアップグレードしてください。

クラウドでUbuntu 22.04 LTSを利用したい場合には各クラウドプロバイダから公式にイメージが出るのを待った方がよいと思います。

2022/04/28 各社からUbuntu 22.04 LTSのイメージは追加されています。

-Linux
-