Azure

Azure CloudShellをWSLのDockerで動かす

はじめに

Azure CloudShellはDokcerで動かすことができます。つまりWSL上のDockerでも動作します。

CloudShellをあえてローカル環境で利用する理由のひとつに、一時的にAzureへの接続環境が欲しい場合です。

GitHub - Azure/CloudShell: Container Image for Azure Cloud Shell (https://azure.microsoft.com/en-us/features/cloud-shell/)
GitHub - Azure/CloudShell: Container Image for Azure Cloud Shell (https://azure.microsoft.com/en-us/features/cloud-shell/)

Container Image for Azure Cloud Shell (https://azure.microsoft.com/en-us/features/cloud-shell/) - Gi ...

github.com

またローカル環境で動作するCloudShellには管理者(root)権限があります。これは結構便利です。

CloudShellの起動

DockerがWSLにインストールされていることが前提です。

インストールされていない場合には下記を参考にインストールしてください。

Docker Engine installation overview | Docker Documentation
Docker Engine installation overview | Docker Documentation

Lists the installation methods

docs.docker.com

 

イメージをPullする。

docker pull mcr.microsoft.com/azure-cloudshell:latest

 

CloudShellはBashかPowershellで動作します。

 

Bashで起動する

docker run -it mcr.microsoft.com/azure-cloudshell /bin/bash

Powershellで起動する

docker run -it mcr.microsoft.com/azure-cloudshell /usr/bin/pwsh

コンテナなので停止した場合には保存したファイルなど保存されいです。

まとめ

CloudShellをローカル環境で利用することが可能です。一時的にAzureへ接続するための環境が欲しい場合など便利です。

気軽に利用できるので緊急避難的に利用するのも良いと思いました。

 

-Azure
-