未分類

CentOSにHinemosをインストールする方法(2) マネージャ編

■はじめに
エンタープライズを前提としたOSSの運用管理ソフトです。
日本純正(NTTデータ)なので日本人向けのインタフェースです。

もっと詳しく
http://www.hinemos.info/

機能としては
・リポジトリ情報管理機能
 リポジトリ単位で管理できる。
・監視管理機能
 ログ、ステータスの管理ができる。グループ単位での管理ができる。
・性能管理機能
 CPU、IO、メモリ、ネットワークのリソース管理ができる。
・ジョブ管理機能
 ユーザ作成ジョブを実行できる。
・一括制御機能
 パッチの適用、起動、停止の管理ができる。

Hinemosの動作環境として
[マネージャ]
 RHEL4
[エージェント]
 RHEL4、RHEL5、Win2003 R2、Win2000 Server
[クライアント]
 RHEL4、WinXP SP2

そのほか管理可能なノードにSolaris10、Solaris9、CentOS、Fedora6、RHEL4 64bit、RHEL3
SNMPが動作する機器だと基本的にするようです。
Syslogが動作する機器ではログ監視ができます。

今回は、運用管理監視サーバとして、CentOS5.1にマネージャ機能と、兼監視対象としてにエージェント機能をインストール。
運用管理端末として、WindowsXPにクライアント機能をインストールしていきます。

■マネージャのインストール
最初に運用管理監視サーバにマネージャをインストールします。

環境
Host:hinemos
IP:192.168.254.60

http://sourceforge.jp/projects/hinemos/
[Hinemos_manager]からマネージャをダウンロードします。
(2008/05/09時点でバージョン2.4.0)

# wget http://jaist.dl.sourceforge.jp/hinemos/30268/hinemos_manager-2.4.0_rhel4_32.tar.gz
# tar zxvf hinemos_manager-2.4.0_rhel4_32.tar.gz
# cd Hinemos_Manager-2.4.0_rhel4_32/

Hinemoのインストールは
・ユーザの作成
・インストールのディレクトリの作成
・一括制御で利用するFTPサーバの設定
・JREのインストール
・syslog-ngのインストール
・hostsの書き換え
・DBのインストールと初期化
・LDAPの初期化

ただ、このままでは下記のエラーが発生します。

データベースの初期化を行います。
/opt/hinemos/postgresql-8.1.3/bin/pg_ctl: error while loading shared libraries: libreadline.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory
/opt/hinemos/postgresql-8.1.3/bin/createdb: error while loading shared libraries: libreadline.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory
/opt/hinemos/postgresql-8.1.3/bin/psql: error while loading shared libraries: libreadline.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory
/opt/hinemos/postgresql-8.1.3/bin/pg_ctl: error while loading shared libraries: libreadline.so.4: cannot open shared object file: No such file or directory

LDAPの初期化を行います。
Error occurred. Please check ./slapadd.log

これを解消するため、事前に準備します。
シンボリックリンクを張ります。

DBのエラー
libreadline.so.4
LDAPのエラー
libssl.so.4
libcrypto.so.4

# cd /usr/lib
# ln -s libreadline.so.5.1 libreadline.so.4
# ln -s /lib/libssl.so.0.9.8b libssl.so.4
# ln -s /lib/libcrypto.so.0.9.8b libcrypto.so.4

次にHinemosマネージャのインストール
# ./manager_installer_JP.sh

Hinemosマネージャのインストールを開始します。よろしいですか?(Y/N default:Y)
y

インストールユーザとインストールディレクトリを作成します。

ユーザ hinemos を作成します。
Changing password for user hinemos.
New UNIX password:
Retype new UNIX password:
passwd: all authentication tokens updated successfully.
ユーザ hinemos を作成しました。

インストールディレクトリ /opt/hinemos を作成します。
インストールディレクトリ /opt/hinemos を作成しました。

必要なファイルをインストールディレクトリにコピーします。
一括制御で利用するFTPサーバのIPアドレスを入力してください。(default:127.0.0.1)

必要なファイルのコピーが終了しました。

JREのインストールを行います。

Sun Microsystems, Inc. Binary Code License Agreement

for the JAVA 2 PLATFORM STANDARD EDITION RUNTIME ENVIRONMENT

・・・省略・・・

Network Circle, Santa Clara, California 95054, U.S.A.
(LFI#143333/Form ID#011801)

Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
Unpacking…
Checksumming…
0
0
Extracting…
UnZipSFX 5.42 of 14 January 2001, by Info-ZIP (Zip-Bugs@lists.wku.edu).
creating: jre1.5.0_09/
creating: jre1.5.0_09/bin/

・・・省略・・・

Creating jre1.5.0_09/lib/javaws.jar
Creating jre1.5.0_09/lib/deploy.jar

Done.
syslog-ngのインストールを行います。

準備中… ########################################### [100%]
1:libol ########################################### [ 50%]
2:syslog-ng ########################################### [100%]
syslog-ngをインストールしました。
syslogを停止し、syslog-ngを起動します。
カーネルロガーを停止中: [ OK ]
システムロガーを停止中: [ OK ]
システムロガーを起動中: [ OK ]

/etc/hostsファイルを変更します。
変更してもよろしいですか?(Y/N)
y

現在マネージャをインストールしているマシンのIPアドレスを入力してください。
192.168.254.60 でよろしいですか? (Y/N default:Y)

/etc/hosts ファイルを変更する必要はありません。

データベースの初期化を行います。
waiting for postmaster to start….. done
postmaster started
CREATE DATABASE
ALTER ROLE
waiting for postmaster to shut down….2008-05-10 18:26:55 JSTLOG: logger shutting down
done
postmaster stopped

LDAPの初期化を行います。
LDAPの初期化が完了しました。

Hinemosマネージャのインストールが完了しました。

インストール失敗した場合は、アンインストールしてから
再度、インストールしてみてください。
# ./manager_uninstaller_JP.sh

これでHinemosマネージャのインストール完了です。
次にマネージャを起動します。
起動は、必ず作成されたユーザhinemosで行います。

# su – hinemos
$ cd /opt/hinemos/bin/
$ ./hinemos_start.sh
Hinemos starting

waiting for postmaster to start…. done
postmaster started

waiting for slapd to start…
done
slapd started

waiting for jboss to start…
…………………………………………………………………done
jboss started
Hinemos started

jbossの起動には数分かかります。

とりあえず、マネージャのインストールは終了
次は、エージェントをインストールします。

つづく

Related post

  1. 未分類

    シリアルATA用オプション(メモ)

    φ(`д´)カキカキシリアルATA用modprobeするもの…

  2. 未分類

    超メモ:Windows 10 IoTで使えるコマンドレット

    メモ。忘れないうちに接続方法 コマンドレット …

  3. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク

    RHEL5がまだリリースされそうに無いため気晴らしにベンチマーク を採…

  4. 未分類

    National Information Security Center

    コレだけ聞くとナショナルのサービスかなんかと間違いそうだが内閣官房情…

  5. 未分類

    P2Vした仮想マシンをHyper-v上でベンチマークテストしてみました

    巷では、Hyper-v 2.0のベンチマークはいっぱい出てまいますが、…

  6. 未分類

    P2Vした仮想マシン(VHD容量固定)をHyper-v上でベンチマークテストしてみました

    前回に引き続き、P2Vのベンチマークです。前回記事:P2Vした仮想マ…

  1. Azure

    Azure Storage にTime Machine でバックアップをする方法…
  2. Linux

    EC2インスタンス(一部)のbash脆弱性(CVE-2014-6721)アップデ…
  3. AWS

    VPC Peering、Direct Connectで同セグメントの通信を実現す…
  4. Azure

    Deep Security User Night #3 に参加してきました。
  5. Azure

    Azure で Kubernetes を 複数の可用性セットとLoad Bala…
PAGE TOP