AWS

お気軽にSlackで死活監視してみる

はじめに

くどうです

お気軽にSlackで死活監視。
疎通確認が行えなくなったらSlackにポストするだけのbatchっす。

設定

事前設定としてIncoming Webhookをチャンネルで有効に必要があります。
https://xxxxx.slack.com/services/new/incoming-webhook

inwebhook

有効にした後、アドレスが配布されるので埋め込むのでコピーしておきましょう。
inwebhook2

以下は監視用のサーバーへping.shなど適当なファイル名で保存します。
チャンネル名、アイコン名、アドレスは変更しましょう。
ping のタイムアウトなどは環境で変更してください。
5秒間隔で監視しています。

使い方

こんな感じ

inwebhook3

まとめ

Slackを利用して開発とかやってると意外と便利かも。

Related post

  1. Linux

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストール時の解像度の変更方法

    Hyper-v(だけじゃないけど)、ゲストとしてCentOSインストー…

  2. Azure

    Azure Active Directory の削除方法。それ、ServicePrincipalの問…

    はじめにくどうです。みなさんAzure Active Direct…

  3. AWS

    Azureの機能を一覧にしてみました。

    最近、Azureの進化が止まらないので自分でも整理するために出力してみ…

  4. Azure

    System Center Management Pack for Microsoft Azure …

    はじめにくどうです最新SCOMと戯れることが多くなったので…

  5. AWS

    動画でCloudを学べるCloud Academyとは?

    はじめにくどうです皆さんはCloud、例えばAzureやA…

  1. Azure

    Azure Active Directoryを削除する。なんか消えないんすけど。…
  2. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク  RHEL5もベンチしてみる
  3. 未分類

    バックアップを取りましょ その2 (SystemRescueCDでバックアップ)…
  4. その他

    さっぽろ雪まつりで行っている実証実験のまとめ!
  5. Azure

    System Center Management Pack for Micros…
PAGE TOP