AWS

お気軽にSlackで死活監視してみる

はじめに

くどうです

お気軽にSlackで死活監視。
疎通確認が行えなくなったらSlackにポストするだけのbatchっす。

設定

事前設定としてIncoming Webhookをチャンネルで有効に必要があります。
https://xxxxx.slack.com/services/new/incoming-webhook

inwebhook

有効にした後、アドレスが配布されるので埋め込むのでコピーしておきましょう。
inwebhook2

以下は監視用のサーバーへping.shなど適当なファイル名で保存します。
チャンネル名、アイコン名、アドレスは変更しましょう。
ping のタイムアウトなどは環境で変更してください。
5秒間隔で監視しています。

使い方

こんな感じ

inwebhook3

まとめ

Slackを利用して開発とかやってると意外と便利かも。

Related post

  1. Azure

    Azure Backup V2 !これで仮想マシンのバックアップは大丈夫。

    はじめにくどうですやっと、リソースマネージャーでも仮想マシ…

  2. Azure

    Channel9で公開されてた。第1回 Tokyo Jazug Night!

    Tokyo Jazug Nightくどうです。第1回 …

  3. Azure

    リリース前にリソースはLockしようぜ。間違って削除したらおバカです。

    はじめにくどうです。例えば、Azureで仮想マシンを使って…

  4. Azure

    Azure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用したMFA(多要素認証)を設定する方法

    はじめにAzure(職場または学校のアカウント)でauthyを利用…

  5. 運用

    SCOMでWebコンソールのタイムアウトを無効にする方法

    くどうです。メモです。SCOMでWebコンソールのタイムアウトを…

  6. Azure

    マルチテナントでWindows 10 を利用できるパートナー一覧

    くどうです。Client周りの規約が変わってAzureでも利用でき…

  1. Azure

    Channel9で公開されてた。第1回 Tokyo Jazug Night!
  2. AWS

    超メモ:AWSでのSysprep回数についてどうなってるか
  3. その他

    PowerMockupが便利でっせ。有料だけど。
  4. Windows Server 2012

    ThinkITで記事を書いた
  5. GCP

    GoogleのTitan Security KeyでGCPにログインしてみた。
PAGE TOP