AWS

お気軽にSlackで死活監視してみる

はじめに

くどうです

お気軽にSlackで死活監視。
疎通確認が行えなくなったらSlackにポストするだけのbatchっす。

設定

事前設定としてIncoming Webhookをチャンネルで有効に必要があります。
https://xxxxx.slack.com/services/new/incoming-webhook

inwebhook

有効にした後、アドレスが配布されるので埋め込むのでコピーしておきましょう。
inwebhook2

以下は監視用のサーバーへping.shなど適当なファイル名で保存します。
チャンネル名、アイコン名、アドレスは変更しましょう。
ping のタイムアウトなどは環境で変更してください。
5秒間隔で監視しています。

使い方

こんな感じ

inwebhook3

まとめ

Slackを利用して開発とかやってると意外と便利かも。

Related post

  1. Azure

    AzureでNAT設置パターンを考える。構築編、これでルートテーブルも大丈夫かもよ。

    はじめにくどうです。前回の投稿では概要だけ説明しました。Azur…

  2. Azure

    Azure Active Directory の削除方法。それ、ServicePrincipalの問…

    はじめにくどうです。みなさんAzure Active Direct…

  3. Azure

    Azure RemoteAppを使ってみる。Officeが使えますよ!

    はじめにくどうです。事務所はちょっと寒いです。RemoteAppの…

  4. Azure

    Azure Functions を起動した(だけ)。だけど、これは面白そうだ。

    はじめにくどうです。Azure Functions が出ま…

  5. Azure

    Attunity Replicate Expressを使ってAzureにデータベース移行を行ってみる…

    はじめにくどうです。今回のお題はデータベース移行についてです。 …

  6. Azure

    Azure Database for MySQL PreviewのServer parameters…

    Azure Database for MySQLのServer par…

  1. Windows

    PowerShellの実行ログを取得する方法について。最低限やっておいた方が良い…
  2. 未分類

    P2Vした仮想マシンをHyper-v上でベンチマークテストしてみました
  3. Linux

    超メモ:Zabbixの外部チェックでrubyスクリプトを動かす時のポイント
  4. Azure

    Azure DNS をポータルから使ってみた。シンプルです。
  5. 未分類

    「Virtual Server 2005 R2」にFedora 5 をインストー…
PAGE TOP