AWS

お気軽にSlackで死活監視してみる

はじめに

くどうです

お気軽にSlackで死活監視。
疎通確認が行えなくなったらSlackにポストするだけのbatchっす。

設定

事前設定としてIncoming Webhookをチャンネルで有効に必要があります。
https://xxxxx.slack.com/services/new/incoming-webhook

inwebhook

有効にした後、アドレスが配布されるので埋め込むのでコピーしておきましょう。
inwebhook2

以下は監視用のサーバーへping.shなど適当なファイル名で保存します。
チャンネル名、アイコン名、アドレスは変更しましょう。
ping のタイムアウトなどは環境で変更してください。
5秒間隔で監視しています。

使い方

こんな感じ

inwebhook3

まとめ

Slackを利用して開発とかやってると意外と便利かも。

Related post

  1. AWS

    VPC Peering、Direct Connectで同セグメントの通信を実現する方法。

    はじめにくどうです。今回は、AWSの話です。VPC同士…

  2. Azure

    Deep Security User Night #3 に参加してきました。

    はじめにくどうですDeep Security User N…

  3. Azure

    Azure のiPhoneアプリがリリースされた。

    BUILDBUILD をみながらiPhoneアプリがリリー…

  4. Azure

    AzureでもSecurityは充実している。

    はじめにくどうですそろそろAzureでもセキュリティのお話…

  5. Azure

    AKS ( Kubernetes ) のPod からログをfluentd を使って収集してelast…

    はじめにくどうです。今回はKubernetesでのログ…

  1. Azure

    elasticsearch + kibana を5分ぐらいで構築する。
  2. Azure

    Azure上のActive Directoryをディレクトリサービス復元モード(…
  3. AWS

    AWS/Azure/GCP クラウド各社のIPv6対応状況(2017/03/27…
  4. Linux

    PowerShell on Bash on Ubuntu on Windows …
  5. 未分類

    RHEL5とRHEL4ESのベンチマーク
PAGE TOP