AWS

お気軽にSlackで死活監視してみる

はじめに

くどうです

お気軽にSlackで死活監視。
疎通確認が行えなくなったらSlackにポストするだけのbatchっす。

設定

事前設定としてIncoming Webhookをチャンネルで有効に必要があります。
https://xxxxx.slack.com/services/new/incoming-webhook

inwebhook

有効にした後、アドレスが配布されるので埋め込むのでコピーしておきましょう。
inwebhook2

以下は監視用のサーバーへping.shなど適当なファイル名で保存します。
チャンネル名、アイコン名、アドレスは変更しましょう。
ping のタイムアウトなどは環境で変更してください。
5秒間隔で監視しています。

使い方

こんな感じ

inwebhook3

まとめ

Slackを利用して開発とかやってると意外と便利かも。

Related post

  1. Linux

    Cactiでグラフに日本語が表示されないときの対処方法

    Cactiでグラフに日本語が表示されないときの対処方法。メモ的なも…

  2. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。

    はじめにくどうですオンプレを扱っていた時に慣れ浸しんだ、F…

  3. Azure

    Node Auto-Scaling + Kubernetes with ACS-Engine on …

    はじめにくどうです。Azure上に、ACS-Engineで…

  4. Azure

    Runbook ギャラリーの Start Azure V2 VMs / Stop Azure V2 …

    メモ:Start Azure V2 VMs / Stop Azure …

  5. AWS

    ひとつのEBSを分割してみますよ

    はじめにくどうです。今回は、EBSのパーティション小手先技です。…

  6. AWS

    AWSのCentOS7、RHEL7でhostnameとtimezoneを設定

    くどうですメモですAWSでインスタンスを立てたとき、yum…

  1. 未分類

    Hotwired Japan → WIRED VISION
  2. Azure

    FortiGate NGFW VMをマーケットプレイスから立ち上げてみた。
  3. Azure

    Azure Firewall でFQDN filtering を利用してみる。
  4. Azure

    App Service (Web Apps) でPerl CGIを動作させる。立…
  5. AWS

    Azure ADとAWS Directory Serviceで同期してみよう。
PAGE TOP